Grindrサービス利用規約

概要

Grindr LLCサービスへようこそ!Grindr LLC(以下「Grindr」または「当社」)のモバイル機器用ソフトウェアアプリケーション(以下「Grindrソフトウェア」)、ウェブサイト、現在若しくは今後Grindrが保有、管理若しくは提供する他のモバイルまたはウェブ用サービスまたはアプリケーション(以下、総称して「Grindrサービス」)に関心をお寄せいただき、ありがとうございます。本規約で「Grindrサービス」と記されている場合、「Grindrソフトウェア」を含むことにご留意ください。Grindrサービスのアクセス、ダウンロード、使用、購入、サブスクライブについて、利用者(以下、総称して若しくは個別に「利用者」または「ご自身」)は、以下に述べるサービス利用規約(以下「本規約」)に準ずる必要があります。

本規約は、当社の利用者のために、安全で、信頼できる、法律を遵守したコミュニティを形成することを目的とし、Grindrサービスの使用に関する規則を定めるものです。Grindrサービスを使用することにより、プライバシーポリシーを含む本規約の条件に拘束されることに同意したことになります。したがって、アカウントを作成する前に、この契約を注意深くお読みください。また、本規約は随時更新される場合がありますので、定期的に最新版をご確認ください。また、Grindrサービスを使用することにより、利用者は、当社が利用者の個人情報を当社のプライバシーポリシーに定めるとおりに使用することに同意したものとみなされますので、ご注意ください。

本規約第22条は、利用者と当社との間の紛争の解決方法を規定する条項を含んでいます。具体的には、第22条の仲裁に関する条項では、いくつかの例外を除き、利用者と当社との間の紛争は利用者がオプトアウトしないかぎり拘束力のある最終的な仲裁に従うことが記されています。加えて、(1) 利用者の当社に対する申し立ては、個人ベースでのみ認められ、集団または代表訴訟は一切認められません。また、(2) 利用者は、裁判による救済を求める権利と、申し立てによる陪審裁判を受ける権利を放棄するものとします。この仲裁合意に関する詳細、同仲裁合意で推定される影響、および同仲裁合意を拒否する方法については、第22条をご参照ください。

欧州連合、英国、または米国外の特定の国の居住者の場合は、海外利用者向けの特別条項(以下「特別条項」)をご参照ください。利用者が特別条項に記載される国のいずれかに居住している場合、本規約で規定されている利用者の追加権利または本規約の一部(仲裁合意など)当該利用者に適用されないことがあります。

以下の第10条で説明するように、利用者がGrindr XtraやGrindr Unlimitedなどのプレミアムサービス(以下に定義)をサブスクリプション契約する場合、以下の第9条およびこちらに記載した指示に従って当該サブスクリプションを解約しない限り、サブスクリプション期間の終了時に、かかるサービスに対するその時点で最新の料金でサブスクリプション期間が自動的に更新されます。

カリフォルニア州のサブスクライバー向けの注意事項:サブスクリプション手続き完了後3営業日目の午前0時までであれば、いつでもサブスクリプションを解約し、返金を請求できます。Apple IDを使ってサブスクリプション手続きをした場合、返金はGrindrではなくAppleによって処理されます。返金をご希望の場合は、https://getsupport.apple.comをご覧ください。Google Play StoreアカウントやGrindrから直接サブスクリプション手続きを行った場合は、カスタマーサポートにお問い合わせください。

記録のため、本規約のコピーを保存することをお勧めします。[email protected]に電子メールで請求いただければ、本規約のコピーを一部お送りします。その際、件名を「サービス利用規約」としてください。

  1. 年齢制限および安全性
    1. 未成年者による使用は禁止されています。Grindrサービスは、成人のみを対象としています。18歳(18歳が成年でない地域では21歳)未満の未成年は、直接的または間接的に、Grindrサービスの閲覧、ダウンロード、所有、その他の使用を試みてはなりません。
    2. 利用者は成人である必要があります。本規約に同意し、ユーザーアカウント(以下に定義)を作成し、年齢確認のために生年月日を入力することにより、以下をはっきりと表明し保証するものとします。
      • ご自身が現在18歳以上(または18歳が成年でない地域では21歳)であること。
      • ご自身に、本規約に定められたすべての義務を合法的に負い、遂行する能力があること。
      • 米国政府の禁輸措置の対象となる国、または米国政府によって「テロリスト支援」国として指定された国に居住していないこと。
      • ご自身が、米国政府の禁止リストまたは制限リストに掲載されていないこと。
  2. 安全性:他の利用者との交流、犯罪歴のないこと、身元確認。Grindrでは、利用者の言動を一切管理しておりませんので、利用者は、ご自身によるGrindrサービスの使用および他の利用者との交流(Grindrサービス上であるか否かを問わず)に対して単独で責任を負うものとします。Grindrは、利用者の行為、身元、意図、正当性、真実性に関して、いかなる表明も保証も行いません。
    • Grindrでは現在、利用者の犯罪歴またはその他の経歴のスクリーニングを行っていませんが、いついかなる目的においても、犯罪歴の調査やその他スクリーニング(性犯罪者登録の有無のチェックなど)を実施し、あるいは利用可能な公的記録を使用する権利を留保します。
    • 利用者の経歴を調査したり、アカウント作成に関連して利用者から提供された情報の正確性(年齢確認のために報告された生年月日の正確さを含む)を確認したりすることはありません。
    • Grindrは、利用者の身元、健康や身体の状態などを調べる目的で利用者が提供した情報を検証することはありません。
    • Grindrは、合意を前提としたすべての性的活動を肯定するプラットフォームです。利用者は、特定の状況において好ましくないとみなされる可能性のある、別の利用者により作成されたコンテンツを受け取り、またはこれらにアクセスする可能性があることを認めるものとします。
    • 利用者は、利用者の個人的なやり取りを犯罪化または制限しようとする可能性のある場所での利用者の行為や使用による法的な影響について、Grindrが一切責任を負わないことを理解するものとします。利用者には、ご自身の地域における本アプリの使用に関して十分な情報に基づいて判断を下すとともに、あらゆる潜在的な悪影響を見極める必要があります。
  3. 警告:位置情報に関する重要な免責事項。
    • 当社のプライバシーポリシーで説明されているように、不正な方法でGrindrアプリを使用する狡猾な利用者、またはご自身の現在位置が変わらないでいる間に場所を変える別の利用者は、距離情報を使用して利用者の正確な場所を特定し、ご自身の身元を特定できる可能性があります。
    • Grindrサービスは、個人の位置情報に基づく個人利用のサービスとして使用されることのみを目的としています。緊急位置情報システムとしての使用や依存を意図するサービスではありません。車の運転中や点検中の使用、フェイルセーフ性能が要求される危険な環境と関連付けてGrindrサービスを使用してはなりません。また、何らかのアプリまたはGrindrサービスのエラーや不正確さが死亡、人身傷害、人体や財産の大きな損害などに直接つながる可能性がある場合、そのようなアプリと関連付けてGrindrサービスを使用してはなりません。Grindr は家族探しには向いておらず、車両追跡のようなビジネス/企業に関わるいかなる使用にも適しません。そのような目的に合う製品は他に存在します。
  4. 海外利用者
    1. 米国外での使用についてGrindrサービスは、利用者の居住地域に関係なく、米国で、Grindrによって管理・提供されており、利用者による使用は米国カリフォルニア州法に準拠します。Grindrは、他の地域におけるGrindrサービスの使用の適合性やすべての国・地域におけるGrindrサービスの合法性などについて一切表明していません。他の地域からGrindrサービスにアクセス、またはこれを使用する場合、利用者は自己責任でこれを行う必要があり、現地法を遵守する責任を負います。利用者は、米国および利用者の居住国と同じ保護を受けられない可能性のある世界中の他の管轄区域で処理するためにご自身のデータを転送することに同意し、承認します。当社が利用者のデータを収集、使用、および転送する方法の詳細については、当社のプライバシーポリシーをご覧ください。
    2. 特別条項。 利用者が一部の国(欧州連合加盟国、英国など)の居住者である場合、その国・地域の法に準じて、利用者に追加の権利が付与されている場合や、本規約の一部がご自身に適用されない場合があります。詳細については、海外利用者向けの特別条項を参照してください。
    3. 英語版の優先。本規約の英語版とその翻訳版との間に相違がある場合、英語版が優先するものとします。
  5. 利用者のアカウント登録、利用者によるアカウントの使用
    1. 利用者のアカウント登録。利用者がGrindrサービスのいずれかのアカウント(以下「ユーザーアカウント」)を作成して当社に情報を送信する場合、利用者はかかる情報が正確で、必要に応じて適宜更新することを保証するものとします。例えば、第1条第2項に定めるように、本規約に同意し、ユーザーアカウントを作成することにより、利用者は、ご自身が成人であること、および年齢確認のために正確な生年月日を入力したことを正式に表明し保証するものとします。
    2. アカウントは、利用者の個人使用のみを目的としています。いかなる時でも他人のアカウントを使用することはできません。当社の書面による許可なしに、ユーザーアカウントまたはユーザー名へのアクセスを購入、販売、賃貸、またはリースすることはできません。ユーザーアカウントまたは認証情報を共有したり、転送したりすることはできません。
    3. アカウントのセキュリティ。 利用者のパスワードとアカウントの機密性の管理は利用者自身がすべて責任を負うものとします。利用者は、ご自身のアカウントが不正に使用された場合やその他のセキュリティ侵害が発生した場合にただちにGrindrに通知することに同意するものとします。
      • 利用者は、Grindrから入手するいかなる素材にもウイルスやその他の有害な要素がないようにするために、必要なすべての予防措置を講じる責任を負います。
      • Grindrは、セキュリティ違反、ウイルス、バグ、改ざん、不正行為、エラー、脱落、中断、欠陥、操作または送信における遅延、コンピューター回線またはネットワークにおける障害、またはその他の技術的またはその他の誤動作による損害を含むがこれらに限定されない、利用者のコンピューターハードウェア、コンピューターソフトウェア、またはその他の機器または技術に対する損害について責任を負いません。
    4. 当社は、利用者のアカウントの記録を保持する義務を一切負いません。Grindrは、利用者のアカウントの記録や、利用者がご自身の便宜のためにご自身のアカウントまたはGrindrサービスを使用して保存したデータや情報などを保持する義務を一切負いません。Grindrサービスはデータ保管を目的とはしていません。利用者は、データのバックアップについてご自身が全責任を負うものとします(例:Grindrサービスを通じて出会う人々の連絡先情報は別途保存するなど)。
  6. プライバシーポリシー。Grindrは、利用者のプライバシーとデータセキュリティを重要視しています。そのため、当社の方針と慣行について別途「プライバシーポリシー」を設けておりますので、ご一読ください。Grindrが個人データを収集、使用、共有する方法については、プライバシーポリシーをご覧ください。Grindrサービスを使用することにより、利用者は、当社のプライバシーポリシーに記載されている方法で当社が利用者の個人データを使用する場合があることに同意するものとします。
  7. サービスの変更。当社は、本第7条で定める場合を除き、独自の裁量により、随時、任意の理由で、利用者への義務を負うことなくGrindrサービスまたはその任意の部分を変更、追加、または中断する権利を留保します。ただし、当社は、法令順守、法的権利の保護または執行、若しくは緊急事態への対応或いは回避のために必要とされる場合にかかる通知を行わずにGrindrサービスを変更、追加、中断する権利を留保します。
    • (a) プレミアムサービスで利用者が使用できる機能が制限され、(b) 必須となる(すなわち、かかる変更を有効にするために利用者がGrindrソフトウェアをアップデートする必要のない)重要な変更を当該プレミアムサービスに行う場合、利用者は、かかる変更の10日以内(第10条第3項に規定)にアカウントを解約し、かかるプレミアムサービスの前払い済みの未使用分を按分した金額の返金を受け取れるものとします。
    • 当社は、利用者がすでに料金を支払ったプレミアムサービスの料金に対して、その変更が何ら影響を与えない限り、Grindrサービスのすべてまたは一部へのアクセスに対する料金を随時請求する権利とその価格設定を随時変更できる権利を留保します。
  8. 当社の所有権、当社の財産権Grindrサービスは、Grindrが所有・運営しています。Grindrサービスと、モバイル機器用アプリケーションを含むGrindrサービスのあらゆる構成要素(コンテンツ、視覚的インターフェース、情報、グラフィックス、デザイン、コンパイル、コンピューターコード、製品、ソフトウェア、サービスなど)(以下「素材」と総称)は、米国の著作権、トレードドレス、特許、商標法、国際法と国際慣例、その他の関連するあらゆる知的財産権と所有権、適用法などによって保護されています。Grindrサービスに含まれるすべての素材は、Grindrまたはその子会社か関連会社、あるいは第三者ライセンサーの所有財産です。Grindrサービスで表示される登録商標、サービスマーク、および商号はすべて、Grindrまたはその関連会社、あるいは第三者ライセンサーに独占的に帰属します。本規約に基づいてGrindrが明示的に許可する場合を除き、利用者は、素材の販売、ライセンス付与、配布、複製、変更、公開での実行と表示、転送、出版、編集、改変、派生物の作成、使用などを行わないことに同意するものとします。Grindrサービスおよび製品は、以下を含む様々な特許で保護されています。米国特許No.8,606,297、9,749,429、10,257,292、10,447,791、10,708,367、および11,102,310および米国特許出願番号17/393,809(特許出願中)。上記の特許一覧は、すべてを網羅しているわけではありません。
  9. ご使用に関するガイドラインおよびルール、禁止されている行為および使用方法
    1. Grindrのユーザープロフィールに関するガイドライン( https://www.grindr.com/community-guidelines/) (以下「ガイドライン」)は、随時改正され、参照により本規約に組み込まれます。Grindrサービスを使用する前に、ガイドラインを注意深くお読みください。ガイドラインは、Grindrサービスでのコンテンツと行為、Grindrサービス外での他の利用者とのやり取りに適用されます。
    2. 当社は利用者の提供情報を削除することがあるほか、利用者のアカウントを凍結することもあります。Grindrは、任意の時点で、任意の理由で、または何らかの理由もなく、任意のユーザーコンテンツ(以下に定義)を削除するよう利用者に求めたり、Grindrが自ら削除したりする場合があります。ユーザーコンテンツがガイドラインまたは本規約に違反している場合、Grindrの判断により、利用者のユーザーアカウントが凍結される可能性があるほか、Grindrサービスの使用禁止につながることもあります。
    3. ご利用者は、禁止されている行為および用途についての下記の条件を認識し、これらに同意するものとします。
      1. 利用者が成人でない場合は、Grindrサービスを使用せず、成人でないことを知っている、または成人でないと思われる他のユーザーとやり取りをせず、Grindrサービスに未成年のプロフィールがある場合は直ちに報告するものとします。
      2. 利用者は、ガイドラインやGrindrサービスに適用されるその他のポリシーに違反する行為を行ってはなりません。
      3. 利用者は、GrindrサービスまたはGrindrサービス内に表示されるいかなる情報も、他の利用者に対するストーカー行為、嫌がらせ、虐待、中傷、脅迫、詐欺、またはその他の虐待行為のために使用してはなりません。
      4. 利用者は、他の利用者のプライバシーまたはその他の権利を侵害したり、他の利用者の現在地や個人情報を許可なく収集、収集の試み、保存、または開示したりしてはなりません。
      5. 利用者は、Grindrサービスの個人プロフィールページに、わいせつ、不快、ポルノ、暴力的なもの、または人間の尊厳を傷つけるようなもの(例:個人の人種、肌の色、民族性、国籍、障害、性的指向、ジェンダー表現、性同一性、身体的外観に対する差別とみなされるような文言)を含めないものとします。
      6. 利用者は、Grindrサービスを、商品またはサービスの販売または広告、Grindrサービスを通じた調査の試み、サービスの勧誘、他のウェブサイトまたはプレミアム回線電話番号へのリンクの提供など、非個人的または商業的に使用しないものとします。利用者は、当社が意図する方法および目的においてのみ、個人的、非商業的な用途でのみ使用するものとします。
      7. 利用者は、違法な目的の遂行や助長のためにGrindrサービスを使用することはできません。Grindrサービスを使用する際には、いかなる現地法、州法、国家法、国際法(犯罪行為、禁止または規制されている物品、知的財産権や他の所有権、データ保護とプライバシー、輸出入管理などが準拠する法令を含む)にも違反してはなりません。
      8. 利用者は、18歳未満の個人の動画、音声、写真、または画像を含んだ素材をご自身のプロフィールページに含めてはなりません。また、本人の明示的な許可がない場合には、18歳以上の個人についてもこの条件が適用されます。
      9. 利用者は、Grindrサービスの他の利用者に対して、迷惑なオファー、宣伝行為、提案、迷惑メールの送信などを行ってはなりません。これは、要求されていないの宣伝行為、販促グッズなどの勧誘物、商用広告を目的としたバルクメール、チェーンメール、情報提供を目的とした告知、チャリティーの依頼、署名の請願、調査、調査・研究への参加依頼などを含みます。
      10. 利用者は、他者や他の実体になりすましたり、他者や他の実体との関係を偽ったり、Grindrの他の利用者のアカウントにアクセスしたりしてはなりません。
      11. 利用者は、Grindrサービスを通じて送信される情報の出所、同一性、内容などを不正確に伝えてはなりません。
      12. 利用者は、Grindrアプリまたはプロフィールデータを拡張ディスプレイやモニターに表示したり、公の場で表示したりしてはなりません。
      13. 利用者は、Grindrサービスのセキュリティ関連機能、Grindrサービスを通じてアクセス可能なコンテンツの使用や複製を防止または制限する機能、若しくはGrindrサービスの使用制限を強制する機能の削除、回避、無効化、損傷、妨害などの行為をしてはなりません。
      14. 利用者は、いかなる手段によっても(ウィルスやワームなどの悪質なコードのアップロードや拡散を含む)、Grindrサービスの運営や他の利用者のサービス享受を意図的に妨げたり、それらに損害を与えたりしてはなりません。
      15. 利用者は、合理的な人が不快、中傷的、反抗的、攻撃的、卑猥、みだら、性的、嫌がらせ、脅迫的、きまり悪い、悲惨、下品、憎悪的、人種的または民族的、またはその他の方法で何らかの集団または個人に不快感を与える、意図的に誤解を招く、虚偽、またはその他の方法で不適切であるとみなす可能性のある情報または素材を、そのような素材またはその配布が違法であるかどうかにかかわらず、投稿、保存、送信、伝達、または拡散してはなりません。
      16. 利用者は、ある個人の何らかの特許、商標、企業秘密、著作権、その他の権利を侵害する情報または素材を投稿、保存、送信、伝達、または拡散してはなりません。
      17. 利用者は、Grindrサービスを、車両に設置、接続、または通信している、または車両ナビゲーション、位置情報サービス、配車サービス、リアルタイム経路案内、車両管理、または同様のアプリの機能のあるシステムやアプリとともに使用してはなりません。
      18. フェイルセーフ性能が必要な危険な環境でGrindrを使用してはなりません。また、アプリまたはGrindrサービスのエラーや不正確さが脂肪、人身傷害、または人体や財産への損害につながる可能性がある場合、そのようなアプリと関連付けてGrindrサービスを使用してはなりません。
      19. 利用者は、ハッキング、パスワードマイニングなどの手段によってGrindrサービス、Grindrサービスの一部、他のアカウント、Grindrサービスに接続するコンピューターシステムやネットワーク、またはその一部への不正アクセスを試みたり、Grindrサービスの適正な動作やGrindrサービス上で行われる行為を妨害したり妨害を試みたりしてはなりません。
      20. 利用者は以下の行為をすることはできません:Grindrサービス、システム、またはネットワークの脆弱性の探査、調査、または試験を行うこと。目的を問わず、書面による当社の明示的な許可を得ることなくロボット、スパイダー、スクレーパーなどの自動手段を利用してGrindrサービスにアクセスすること。Grindrサービスへのアクセスの抑止や制限のために当社が利用する可能性がある当社のロボット排除ヘッダーなどの対策を回避すること。何らかの方法やフォームを通じてGrindrサービスを変更すること。書面による当社の許可を得ることなく、Grindrサービスと連係して動作したり他のユーザーのコンテンツや情報へのアクセス手段を提供したりするアプリケーションまたは他の製品を使用或いは開発すること。Grindrサービスの改変バージョンを使用すること(Grindrサービスへの不正アクセスを取得するためを含む)。
      21. 利用者は、他者のGrindrサービスの使用または享受を妨げてはならず、本規約によって禁じられている行為の幇助や促進を行ってはなりません。
  10. プレミアムサービスの購入
    1. プレミアムサービス。一部のサービス(Grindr Xtra、Grindr Unlimitedなど)は、ユーザーアカウントを作成して料金をお支払いいただいたうえでのご使用となります(以下「プレミアムサービス」)。かかるプレミアムサービスは、利用者は作成したアカウントを使用することで一定期間そのサービスにアクセスでき、利用期間は自動的に延長されます。各プレミアムサービスの期間、延長期間、および総費用は、Grindrサービス内またはそのプレミアムサービスが提供される場所で表示されます。
    2. プレミアムサービスは自動更新されます。プレミアムサービスは、配信期間の終了時に継続的に自動延長され、利用者の支払い口座に対して当時の更新料金(別途税金を加算)が自動的に課金されます。利用者が何らかの操作を行う必要はありません。利用者は、ご自身がご使用を解約するか本規約に従って当社がご使用を中断または停止しないかぎりプレミアムサービスは自動的に延長されることを認識し、これに同意するものとします。
    3. 解約ポリシー。利用者は、本規約に従って、プレミアムサービスをいつでも解約できます。解約するには、Grindrサービスに表示される指示に従う必要があります。解約料金は発生しません。プレミアムサービスの解約方法は、本規約に記載されています。または、[email protected]まで電子メールでご連絡ください。
    4. トライアルプレミアム。時折、Grindrプレミアムサービスのご使用が期間限定の無料トライアルとして提供されることがあります(以下「トライアル」または「トライアルプレミアム」)。本規約はすべてのトライアルにも適用されます。トライアルに登録する際には、クレジットカードまたはデビットカード情報の提供を求められることがあります。クレジットカードまたはデビットカードへの請求は、トライアル期間が終了する前に利用者がトライアルを解約しない場合にのみ行われます。当社が利用者にクレジットカードまたはデビットカード情報の提供をお願いし、トライアル期間が終了する前に利用者が解約を表明しない場合、利用者のトライアルは有料サブスクリプションに変更され、トライアルが開始された時点で、サブスクリプション料金が利用者のクレジットカードまたはデビットカードに請求されます。プレミアムサービスを以前使用したことがある利用者や、無料のトライアルを以前に使用し、プレミアムサービスの支払い前に解約した利用者は、トライアルプレミアムを使用できません。
    5. 購入。当社は、(Grindrサービス上の情報を変更するか、利用者に誤りを通知後、注文を解約できるようにするかを問わず)、誤りを正す権利を留保し、通知することなく随時情報を更新する権利も留保します。当社は、個人注文の解約リクエストを、完全な独自の裁量で承諾または拒否できるものとします。購入後、返品や交換は致しかねます。
    6. プロモーションコード。Grindrは時折、独自の裁量でディスカウント用のプロモーションコードを提供することがあります。プロモーションコードは譲渡不可能であり、現金やクレジットに換えたり、以前の購入に使用したりすることはできません。プロモーションコードの代わりに現金を受け取るということもできません。また、プロモーションコードを他のオファーや販促値引きと組み合わせて利用することはできず、示されている期日までにGrindrサービスに引き換える必要があります(期日が示されている場合)。プロモーションコードを紛失した場合、再発行はできません。プロモーションコードは、利用者1名あたり 1 つのみ利用可能です。プロモーションコードは、その利用が禁止されている場合は無効となります。すべてのプロモーションプログラムは、Grindrの独自の裁量でいつでも終了または変更する場合があります。
    7. ご入金いただいた金額は返金できません。本規約(利用者が米国に居住している場合は第25条、利用者が特定の国に居住している場合は特記条項を含む)で別途明記されている場合を除き、Grindrに対してなされたすべての支払いは取り消しができず、いかなる料金も返金ができません。解約は、本規約で別途明記されている場合を除き、支払い対象である請求期間の終了後に有効となります。
    8. 税金。購入時点で別途表示されていないかぎり、Grindrに対する支払いには、いかなる税金も含まれていません。利用者は、税務当局により課される税金をすべて支払う義務を負います。
    9. アプリ内課金。 利用者は、Grindrサービスにおいてのみ使用する目的で、特定のアドオン機能に対する限定的、個人的、譲渡不能、サブライセンス不可、取消可能なライセンス(以下、総称して「アプリ内課金」)を購入できる場合があります。Grindrは、独自の裁量により、アドオン機能にアクセスまたは使用する権利について料金を請求する権利やアドオン機能を有料または無料で配布する権利を留保します。Grindrは、いつでもアプリ内課金やアドオン機能を管理、調整、制御、変更、または削除できるものとします。利用者のユーザーアカウントに表示されるアドオン機能の残高は、実際の残高を構成するものでも、保存された価値を反映するものでもなく、利用者のライセンスの範囲での測定値を構成します。アドオン機能を使用しなかった場合は課金されません。ただし、当社がGrindrサービスの提供を停止した場合、あるいはその他の方法で利用者のユーザーアカウントを閉鎖または停止した場合、アプリ内課金によって利用者に与えられたライセンスは、本規約の条件に従って終了します。Grindrは、かかる権利を行使した場合に、利用者または第三者に対して一切責任を負わないものとします。Grindrサービス用のアドオン機能の提供は、かかるアプリ内課金の承認後すぐに開始されるサービスです。Grindrサービスを通じて行われるすべてのアプリ内課金は取り消しができず、返金はできません。利用者は、Grindrがいかなる理由によっても返金を行う必要がないこと、およびアカウントが閉鎖された場合は、かかる閉鎖が自発的であろうと強制的であろうと、未使用のアドオン機能について返金やその他の補償が行われないことを認識するものとします。
  11. 利用者による使用
    1. 利用者は、一部のGrindrサービスはモバイル機器にGrindrソフトウェアをダウンロードして初めてアクセスが可能になることを認識するものとします。利用者は、Grindrソフトウェアをダウンロードしてアカウントを登録しないかぎり、ご自身のユーザーコンテンツ(チャットを含む)を閲覧できません。
    2. Grindrは、登録、メッセージ交換、他の利用者の位置情報やプロフィールの使用やこれら情報へのアクセスといった、利用者によるGrindrサービスの使用を監視する権利を留保しますが、その義務は負いません。従って、Grindrは (A) 利用者によるGrindrサービスの使用またはこれへのアクセスを(他の利用者の位置情報やプロフィールの使用またはこれら情報へのアクセスを含む)無効にする権限や、(B) 利用者に通知することなく、利用者に対していかなる義務を負うこともなく、理由の如何を問わず、任意の利用者のアカウントを終了する権限も留保します。返金は、本規約で明示的に規定されている場合にのみ行われます。
    3. 利用者同士の交流についての責任、および利用者がGrindrサービスに提供するすべてのコンテンツおよび素材についての責任はすべて、利用者自身が負うものとします。利用者は、利用者同士の交流の結果として発生しうるいかなる損失・侵害についても、Grindrが責任を負わないことに同意するものとします。Grindrは、利用者同士の意見の食い違いを監視する権利を留保しますが、その義務は負いません。
    4. Grindrが、ユーザーアカウントやユーザープロフィールのコンテンツを管理することはありません。Grindrは、目的を問わずそれらのコンテンツを監視する権利を留保しますが、その義務は負いません。利用者は、ご自身がGrindr サービスに提供するあらゆるコンテンツと素材はご自身が全責任を負うことを認識するものとします。
  12. 利用者に対するサービスの拒否や一時停止
    1. 利用者は、Grindrサービスが提供している指示に従い、理由の如何を問わず、いつでもご自身のアカウントを終了することができます。利用者がアカウントを解約すると、以下の第25条で規定されている場合を除き、利用者との関係において本規約の権利義務はただちに終了します。
    2. プレミアムサービスの継続課金がなされるようにユーザーアカウントを設定している場合、利用者はいつでもユーザーアカウントを解約できます。請求期間、若しくは既に支払い済みの期間では、利用者は同じアクセス権を保有し続けることになります。
    3. Grindrは、Grindrサービス内での利用者のプロフィール内容または行動が当社のサービス利用規約に違反しているか、本規約に違反していると判断した場合、またはその他の理由などがある場合、下記の第12条第4項および第12条第5項に従い、独自の裁量により、Grindrサービスで利用者が作成したユーザーアカウント、またはGrindrサービス或いはその一部への利用者によるアクセスや使用を一時停止若しくは終了する場合があります。Grindrは、利用者のユーザーアカウントのすべてまたは任意の部分、或いは何らかのユーザーコンテンツ(以下で定義)をいつでも削除および破棄する権利も留保します。利用者は、Grindrサービスやご自身が保有するユーザーアカウントまたはその一部へのアクセス権が事前に通知されることなく(第12条第4項に規定されている場合を除く)停止されることに同意するとともに、当該のアカウント停止について、Grindrが利用者または第三者に対していかなる責任も負わず、また、返金は本規約(下記の第12条第5項を含む)に明示的に規定されている場合にのみ行われることに同意するものとします。例えば、当社は、長期間使用されていないユーザーアカウントを無効にする場合があります。当社は、利用者のユーザーアカウントを終了または解約する場合には、当社の他の権利を制限することなくGrindrサービスから利用者のユーザーコンテンツのすべてを削除する権利を留保します。Grindrサービスの使用停止の根拠となりえる、詐欺、乱用、違法などが疑われる行為は妥当な法執行機関に報告されることがあります。これらの救済策は、Grindrが法律上または衡平法上持つ可能性のあるその他の救済策に追加されます。
    4. 利用者がプレミアムサービスの料金を支払済みである場合、Grindrサービス内での利用者のプロフィールコンテンツまたは行為が当社のサービス利用規約に違反していない限り、または利用者がそれ以外の方法で本規約に違反していない限り、GrindrはGrindrサービスまたはユーザーアカウントに利用者がアクセスできなくなる旨をそれが実行される30日前までに利用者に通知します。サービス利用規約または本規約への違反があった場合、Grindrは、利用者によるGrindrサービスまたはユーザーアカウントへのアクセスを即座に一時停止または終了する場合があります。
    5. 利用者がプレミアムサービスの料金を支払済みで、GrindrがGrindrサービスまたはユーザーアカウントへの利用者のアクセスを終了する場合、Grindrは、かかるプレミアムサービスの未使用分を按分した金額を返金ます。ただし、利用者による当社のサービス利用規約違反によりGrindrがGrindrサービスまたはユーザーアカウントへの利用者のアクセスを終了する場合、Grindrは、Grindrサービスに対して利用者が支払った金額を留保する権利を有します。ただし、法律で義務付けられている場合(英国の場合など)、Grindr は、違反または侵害の結果として当社が被った費用または損失全額分を留保し、返金を行わないものとします。
    6. 利用者は、Google、Apple、またはその他の第三者プラットフォームプロバイダー(ご使用のデバイスおよびオペレーティングシステムに基づき、該当する場合)がGrindrサービスに関する取引の金融債務責任者(Merchant of Record)となる可能性があることを認め、これに同意するものとします。そのため、利用者は、App Store、Google Play、またはその他の第三者プラットフォームを通じ、本規約で利用者に適用される返金の要請を行う必要がある場合があります(該当する場合)。
    7. Grindrが誤って自己のユーザーアカウントを一時停止または終了したと思われる場合、利用者はいつでも[email protected]に問い合わせることができます。
  13. ユーザーコンテンツ
    1. Grindrサービスは、利用者がGrindrまたは他の利用者に対してコンテンツと素材(写真、アイデア、記録、コンセプト、創造的提案など。以下「ユーザーコンテンツ」)を提供することや、そのようなユーザーコンテンツをGrindrまたは他の利用者とともにホスティング、共有、または公開することを許可します。
    2. 上記第2条に定める通り、利用者は、ご自身のユーザーコンテンツ、ユーザーコンテンツを投稿または公開した結果、利用者同士の交流について単独で責任を負うものとします。
    3. ユーザーコンテンツに関連して、利用者は以下の表明および保証を行うものとします:(i) 利用者は、Grindrサービスおよび本規約により予期される方法でユーザーコンテンツの内含・使用を可能にするため、ユーザーコンテンツのすべてに関するあらゆる知的財産権およびその他の財産権を所有するか、必要なライセンス、権利、同意、使用許可を持ち、Grindrによる使用を許可できる状態にあり、(ii) ユーザーコンテンツ内で識別可能なすべての個人の個人名や類似情報を利用してGrindrサービスと本規約により予期される方法でユーザーコンテンツの組み入れおよび使用を行うことに関して同意、権利放棄、または許可を表明した書面をそれらの個人全員から得ている。つまり、利用者はご自身のユーザーコンテンツにおけるすべての所有権を保持するものとします。
    4. 利用者は、Grindrサービスを使用する際にはさまざまな出所からのユーザーコンテンツにご自身がさらされること、そしてGrindrはそのようなユーザーコンテンツ自体またはそれらの正確性、利便性、安全性、または知的財産権に対する責任を一切負わないことに同意するものとします。利用者はさらに、不正確、攻撃的、下品、不愉快といった印象を与えるユーザーコンテンツにご自身がさらされる可能性があることも理解し、これに同意するものとします。
    5. Grindrは、ユーザーコンテンツに関連する、またはこれに起因する責任を一切負いません。Grindrは、不適切なコンテンツがないかチェックするために、ユーザーコンテンツの監視を活発に行う責任も負いません。Grindrは、独自の裁量によってユーザーコンテンツを監視することはありますが、ユーザーコンテンツの内容についての責任、不適切なユーザーコンテンツの変更や削除を行う義務、利用者によるユーザーコンテンツの送信行為について責任はGrindrには一切ありません。さらにGrindrは、他の利用者が送信するユーザーコンテンツの内容について保証も管理もしません。Grindrは、ユーザーコンテンツの内容またはユーザーコンテンツの正確性と信頼性に関しても保証、表明、示唆などを行うことは一切ありません。一方、Grindrは、理由の如何を問わず、いつでも、利用者によるユーザーコンテンツの送信を抑止し、ユーザーコンテンツを編集、制限、削除する権利を留保します。
    6. ユーザーコンテンツは、本規約に基づくユーザーコンテンツに対するGrindrのライセンスの対象となりますが、その権利はそれを送信した利用者に帰属します。利用者は、本規約に基づいて許可されたものを除き、他人のユーザーコンテンツを共有、表示、複製してはなりません。
    7. 利用者は、ご自身のユーザーコンテンツをGrindrサービスに含めることを単独の目的として、本規約で別途許可されているように、ご自身のユーザーコンテンツを(無制限のサブライセンスを通じて)複製、配布、開示、実演、派生物の作成、他の作品への組み込み、およびその他の方法で使用および利用するための、取消不能、非独占的、ロイヤリティフリー、および全額払い込み済みであるワールドワイドライセンスをGrindrにここに付与し、かかる権利があることを表明および保証します。利用者は、ご自身のユーザーコンテンツに関連した著作者人格権または帰属についてのあらゆる賠償要求および主張を無条件に放棄する(かつ放棄させる)ことに同意するものとします。利用者はまた、Grindrまたはその資産の売却に関連して、ユーザーコンテンツを第三者に販売または譲渡する権利をGrindrに与えるものとします。ユーザーコンテンツなど、利用者に関する情報の使用、収集、または共有についての詳細は、当社のプライバシーポリシーをご覧ください。
    8. 利用者は、Grindrサービスについてのフィードバックや提案(以下「フィードバック」)をGrindrに伝える場合にも、Grindrが適切と見なす方法によってそのフィードバックと関連情報を使用する永久的かつ取り消し不能なグローバルライセンスを(サブライセンスする権利とともに)Grindr にここに付与するものとします。Grindrは、利用者がGrindrに提供するすべてのフィードバックを、利用者にとって秘匿性がなく、かつ利用者に独占的に帰属したものではないものとして取り扱うものとします。Grindrは、いかなる状況においても、どのフィードバックに対しても、利用者に補償する義務を一切負いません。利用者は、秘匿性や専有性を伴っているとご自身で考えている、または補償されるべきと想定している情報やアイデアは一切Grindrに提供しないことに同意するものとします。
  14. 第三者のサイト、製品、およびサービス、これらへのリンク
    1. Grindrサービスは、利用者の便宜のために、広告などの手段によって、他のウェブサイトやサービス(以下「第三者ウェブサイト」)へのリンクを含めることがあります。Grindrは、かかるリンク先サイトについても、他のリンク先サイトに含まれ、或いは他のリンク先サイトを通じてアクセスできる、情報、素材、製品、サービスなどについても保証しません。さらにGrindrは、リンク先サイトに含まれ、或いはリンク先サイトを通じてアクセスできる、情報、素材、製品、サービスを、明示黙示を問わず一切保証しません。リンク先サイト(リンク先サイトに存在し、或いはリンク先サイトを通じて使用可能な、情報、素材、製品、サービスなどを含む)へのアクセスと使用は、すべて利用者の自己責任となります。当社はかかる第三者ウェブサイトを管理していません。本規約は、Grindrが保有または管理しない会社や、Grindrが雇用または管理しない人々の行為には適用されません。利用者は、第三者ウェブサイトに掲載されている利用規約を必ず確認するものとします。
    2. Grindrサービス上やGrindrサービスを通じて利用者が見つけた広告者とのやり取り、商取引、販促活動への参加などは、あくまで利用者とその広告者の間で行われるものです。Grindrサービスでの、そのような取引の結果として、またはそのような広告者の存在の結果として被ることになるいかなる種類のいかなる損失や損害についても、Grindrは一切の義務や法的責任を負わないことに、利用者は同意するものとします。
    3. Grindr以外の当事者がGrindrサービスを通じてサービスの提供や商品の販売を行う場合があります。かかる企業についても、かかる企業の商品またはサービス提供の内容についても、当社は調査や評価の責任を負わず、何ら保証することはありません。Grindrは、かかる企業についても、他のいかなる第三者についても、それらの行為、商品、およびコンテンツについて責任や法的債務を負いません。利用者は、第三者のプライバシーポリシーや他の利用規約を慎重に確認する必要があります。
    4. 利用者は、Grindrサービスと関連付けられる第三者アプリ(以下「第三者アプリ」)を使用することで、それらの第三者ウェブサイトや第三者アプリによって開発・管理されるアプリケーションプロトコルインターフェースを通じて、Grindrが第三者ウェブサイトや第三者アプリにユーザーコンテンツを送信する場合があることを認識し、これに同意するものとします。Grindrサービスから第三者ウェブサイトまたは第三者アプリへのユーザーコンテンツの送信についても、いかなる第三者ウェブサイトまたは第三者アプリでのユーザーコンテンツの使用についても、Grindrは一切責任を負いません。利用者は、あらゆる第三者ウェブサイトまたは第三者アプリのサービス利用規約およびプライバシーポリシーを確認する必要があります。第三者アプリケーションによる利用者の情報の使用、保存、および開示の方法は、当該第三者アプリのポリシーによってのみ管理され、当社は、本サービス内で有効となっている第三者ウェブサイトまたはサービスのプライバシー慣行またはその他の行為についていかなる責任または義務も負わないことにご留意ください。Grindrは、第三者ウェブサイトや第三者アプリ上で、またはそれらを通じて利用できるあらゆる素材(機能、コンテンツなど)についても、一切責任を負わず、保証しません。Grindrは、第三者ウェブサイトや第三者アプリのスクリーニング、監査、承認なども行いません。したがって、利用者による第三者ウェブサイトや第三者アプリへのアクセスは自己責任となります。利用者は、第三者ウェブサイトや第三者アプリの使用はそれらの動作に関して一切の保証がない「無保証」ベースであること、並びに利用者による第三者ウェブサイトや第三者アプリの使用に本規約の適用外であることに同意するものとします。
    5. 利用者は、Grindrがご自身のユーザーコンテンツとユーザーアカウントの位置情報を、第三者情報ソースと第三者アプリケーションを通じて、GrindrサービスからGrindrサービスのプロビジョニングに組み込むことがあることを認識し、これに同意するものとします。
    6. 利用者のユーザーコンテンツに個人情報(プライバシーポリシーに定義)が含まれる限りにおいて、かかる個人情報の移転時には当社および第三者のプライバシーポリシーが適用されます。
  15. 広告。Grindrとそのライセンシーは、利用者のコンテンツに隣り合う形で、広告などの情報を公開表示する場合があります。利用者にはかかる広告に対して補償を受ける権利はありません。かかる広告の方法、様式、および範囲は、利用者に通知されることなく、利用者に対して当社が責任を負うことなく変更されることがあります。
  16. エンドユーザーライセンス
    1. モバイル機器。 Grindrソフトウェアの使用には、Grindrサービスに対応したモバイル機器が必要となります。Grindrは、Grindrサービスが利用者のモバイル機器に対応しているという保証を行っていません。利用者は、テキストメッセージの作成・送信、ローミング、データ送受信にかかる料金など、Grindrサービスの利用に課せられるあらゆるモバイル料金の支払いについて責任を負います。適用される料金がご不明な場合は、Grindrサービスを使用する前にご自身のモバイルサービスプロバイダーにお問い合わせください。
    2. ライセンスの付与。 本規約の条件の順守を条件として、Grindrは利用者に次のことを目的とする、非独占的、譲渡不可能、取り消し可能なライセンスを付与します:(i) 非商用の個人的な目的で、利用者のみが所有またはリースしているモバイル機器において、利用者のアカウントを対象としたGrindrソフトウェアのコンパイル済みコードのコピーを使用すること、および (ii) Grindrが随時通知する、Grindrにより意図される非商用の個人的な目的でGrindrサービス(Grindr ソフトウェア以外)を使用すること。
    3. 制限。 利用者は次の行為を行うことができません:(i) GrindrサービスまたはGrindrサービスに関連して提供されるテクノロジーの変更、逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアなど(規約による権利放棄の可能性なく法律でそれらが明示的に禁じられている範囲を除く)。(ii) 第三者へのGrindrサービスのレンタル、リース、ローン、再販、サブライセンス、配布、または譲渡、若しくは、第三者のためにタイムシェアリングなどのサービスを提供することを目的としてGrindrサービスを使用すること。(iii) Grindrサービスの複製品を作成すること。(iv) Grindrサービスのセキュリティ関連機能、Grindrサービスを通じてアクセス可能なコンテンツの利用や複製を防止または制限する機能、若しくはGrindrサービスの使用制限を補強する機能の削除、回避、無効化、損傷、妨害などを行うこと。(v) Grindrサービスに関連する、またはGrindrサービスと相互運用する製品の拡張を作成すること(規約による権利放棄の可能性なく法律でそれらが明示的に禁じられている範囲を除く)。または (vi) Grindrサービス上の著作権などの所有権に関する注記を削除すること。
    4. アップグレード。利用者は、GrindrがGrindrサービスのアップグレード版を随時発行する場合があり、利用者がモバイル機器またはその他の方法で使用しているGrindrサービスのバージョンを電子的に自動的にアップグレードする場合があることを認めるものとします。利用者は、ご自身のモバイル機器におけるかかる自動アップグレードを承諾するとともに、本規約がかかるアップグレードすべてに適用されることに同意するものとします。利用者は、かかるアップグレードのいずれについても、Grindrが利用者に対して法的責任を負わないことに同意するものとします。
    5. オープンソース。 Grindrサービスが、Grindrサービスに組み込まれる可能性のあるオープンソースコードまたは第三者コードを使用する範囲内において、かかるオープンソースコードまたは第三者コードは、そのコードの利用を許可するオープンソースまたは第三者ライセンスの利用許諾(存在する場合)の対象となります。
    6. 留保する権利。本規約に基づいて付与される前述のライセンスは、Grindrサービスやそのあらゆる複製物を販売するものではありません。Grindrまたはその第三者パートナー、或いはサプライヤーが、Grindrサービス(およびそのあらゆる複製物)におけるすべての権利、権原、および利益を保持します。本規約で明示的に規定されている場合を除き、以下に示す権利、一般的義務、または法的義務を利用者が譲渡する試みは無効となります。Grindrは、本規約で明示的に示されていないあらゆる権利を留保します。
    7. 商標、サービスマーク、ロゴマーク。Grindrサービスと関連する名称およびロゴマークはGrindrの所有財産です。Grindr から事前の書面による認可と許可を得ないかぎり、これらのマークを使用することはできません。無断複写・転載は禁止されています。
    8. 政府系エンドユーザー。Grindrサービスは個人を対象としており、官公庁を対象としていません。Grindrが米国政府に代わってのGrindrサービスの使用を許可するか、米国政府が許可なくGrindrサービスを使用する場合には、米国政府によるGrindrサービス(またはその一部)の使用、複製、表示、変更、模造、公開、実行、配布、および開示は、本規約、並びに、DFARS 227.7202-1(a)および227.7202-3(a) (1995)、DFARS 252.227-7013(c)(1)(ii) (OCT 1988)、FAR 12.212(a) (1995)、FAR 52.227-19、もしくはFAR 52.227-14 (ALT III)に明記されている制限が適宜課せられます。そうでないかぎり、本規約に明記された範囲を超えてGrindrサービスに対する権利が政府系利用者に与えられることはありません。
    9. 輸出管理。Grindrサービスは米国で始まったもので、米国の輸出法規制の対象となります。利用者は、米国からの輸出品の受け取りを禁じられている国、個人、または実体への、Grindrサービスの輸出や再輸出を行ってはなりません。また、Grindrサービスが他の国々の輸出入法の対象となる場合もあります。利用者は、Grindrサービスの利用に関連した米国およびその他の国のすべての法令に従うことに同意するものとします。
    10. アプリストア。 利用者は、Grindrサービスの可用性は、利用者がGrindr サービスを取得した、Google Play StoreやApple App Store(以下、それぞれを「アプリストア」)といった第三者に依拠することを認識し、これに同意するものとします。利用者は、本規約が利用者とGrindrとの間のものであり、アプリストアは関係しないことを認識するものとします。各アプリストアには独自の規約がある可能性があり、利用者はアプリストアからGrindrサービスをダウンロードする前にそれらに同意する必要があります。利用者は、ご利用のアプリストアに適用されるすべての規約を遵守することに同意するとともに、Grindrサービスの利用は該当規約の遵守が条件となることにも同意するものとします。
  17. 当社の免責。利用者への保証なし
    1. 一部の州法と国内法では黙示的保証についての制限が認められません。それらの法令が利用者に適用される場合、前述の免責事項、除外事項、または制限事項の一部またはすべてが利用者に適用されず、利用者は権利を別途得る場合があります。このような利用者に適用される特定の例外事項については、「海外利用者向けの特別条項」を参照してください。
    2. Grindrサービス、およびGrindrサービスと連動してまたはGrindrサービスを通じて利用できるあらゆるソフトウェア、サービス、またはアプリケーションは、法が認める最大限の範囲において「現状のままで」、「提供できるときに」、「利用者の責任で」、明示または黙示を問わず一切の保証なしで、提供されます。Grindrおよびそのサプライヤー、関連会社、およびライセンサーは、明示または黙示を問わず、あらゆる保証(権原、商品性、特別目的に対する適切性、および所有権の非侵害の黙示保証を含む)を否認します。
    3. Grindrおよびそのサプライヤーとライセンサーは、Grindrサービスに含まれる機能に、中断やエラーがないことや、不具合が解決されること、GrindrサービスやGrindrサービスの提供に使用されているサーバーにウイルスなどの有害コンポーネントがないことなどを保証しません。
    4. Grindrおよびそのサプライヤーとライセンサー(Grindrの第三者ワイヤレスキャリアライセンサーを含む)は、位置情報などのGrindrサービスの使用や使用結果におけるセキュリティ、安全性、正当性、正確性、信頼性などに関して保証せず、いかなる表明も行いません。利用者(Grindr、そのサプライヤーやライセンサーではない)は、Grindrサービスへのアクセスに必要なあらゆるサービスや設備の費用をすべて負担するものとします。利用者は、Grindrサービスの使用を通じて素材やデータをダウンロードまたは取得する場合は独自の裁量と自己責任で行うことを理解し、これに同意するものとします。
    5. Grindrは、ご自身、他の利用者または第三者がGrindrサービスを通じて投稿、送信または受信するいかなるコンテンツに対しても、一切の責任を負わないものとします。利用者は、Grindrサービスの使用を通じてダウンロードまたはその他の方法で入手されるすべての素材に、独自の裁量と自己責任でアクセスするものとします。
    6. Grindrは、Grindrサービスの内外を問わず、ご自身または他の利用者のいかなる行為についても、一切責任を負いません。
  18. 利用者による当社の補償。利用者はGrindrを免責するものとします。利用者は、適用法で認められる最大限の範囲において、Grindr(およびその関連会社、委託先、従業員、代理人、サプライヤー、ライセンサー、承継人、譲受人)を、以下に起因または関連する第三者によってもたらされたあらゆる請求、要求、訴訟、損失、費用、損害、およびその他の責任(弁護士費用、責任割合、補償、代位、または同様の権利を含む)から補償、防御、および無害に保つことに同意するものとします。
    • Grindrサービスへのアクセス、使用、または悪用(位置情報の使用または悪用を含む)。
    • ユーザーコンテンツ。
    • Grindrサービス上またはGrindrサービス外での他の利用者との交流(他の個人または団体の権利に対するご自身による違反を含む)。
    • 本規約、またはGrindrサービスを管理するその他のポリシー(ガイドラインを含む)への違反。
    • Grindrサービスに含まれる、またはGrindrサービスを通じてアクセスできる第三者のサイト、製品、サービス、リンク。

    Grindrは、当社が補償を求められるあらゆる事柄に関して、利用者のその費用負担によって、排他的な防御および管理を行う権利を留保します。利用者は、それらの申し立てに対する当社の防御に協力することに同意するものとします。かかる防御および補償の義務は、法が認める最大限まで拡張され、本規約が適用される利用者との関係終了後、または利用者によるGrindrサービスの使用が終了した後も存続するものとします。

  19. 当社の法的債務および利用者の損害の制限
    1. 一部の州法と国内法では法的債務についての制限が認められません。それらの法律が利用者に適用される場合、下記の規定の一部またはすべてが利用者に適用されない場合があります。このような利用者に適用される特定の例外事項については、「特別条項」を参照してください。
    2. 利用者は、適用される法律が認める最大限の範囲で、過失を含むどのような状況でも、Grindr(本第19条ではその関連会社、委託先、従業員、代理人、第三者ライセンサーやサプライヤーなどを含む)は、以下の状況・行為に関連してもたらされるか以下の状況・行為によって生じる、特別的、間接的、偶発的、懲罰的、信頼的、結果的、または典型的であるいかなる損害についても利用者に対して責任を負わず、このことはGrindrまたはGrindrの正式代表者がそのような損害の可能性を忠告されていた場合でも該当することを認識し、これに同意するものとします:(A) 利用者によるGrindrサービスの使用、(B) 当社による利用者の位置情報の開示、表示、または管理、(C) 利用者による Grindr サービスの使用または利用者がGrindrサービスを使用できないこと、(D) 一般的なGrindrサービス、またはGrindrサービスを稼働させるシステム、または (E) Grindrとのその他のやりとり、またはGrindrサービスの他の利用者。利用者は、本条に明記された責任制限は本規約における利用者との関係の終了や満了後も存続し、法が認める最大限の範囲において、たとえ本規約に示されている限定的な救済策のどれかがその本来の目的に適合していないことが判明した場合でも適用されることに同意するものとします。
    3. いかなる場合においても、本規約や利用者によるGrindrサービスの使用(規約、過失を含めた不法行為、保証など)から生じるか、またはそれらに関連する法的措置の、あらゆる損害、損失、および原因に対する、利用者へのGrindr(またはその関連会社、規約者、従業員、代理人、サプライヤー、第三者ライセンサー、第三者サプライヤーなど)のすべての法的債務は、最大でも利用者が申し立てを行った日の直前の12か月以内におけるGrindrサービスのアクセスに対して利用者が支払う金額か50ドルのうちのどちらか大きい額となります。
    4. 本第19条は、適用される法律では免れることができない法的債務をGrindrが免れることを意図したものではありません。
  20. 利用者は、Grindrとの取引で得られるメリットを認識するものとします。利用者は、Grindrがそのサービスを提供してその価格を設定し、前記の保証の免責および責任制限に基づいて、信頼の中に本規約に拘束されることを認識し、これに同意するものとします。さらに利用者は、本規約で明記された保証の免責と責任制限が、利用者とGrindrとの間のリスクをリーズナブルにかつ公平に割り当てた結果であること、本規約で明記された保証の免責と責任制限が、利用者とGrindrとの間の取引に必要不可欠なものであることを認識し、これに同意するものとします。Grindrは、それらの制限と免責なしでは手頃な価格で利用者にGrindrサービスを提供できません。
  21. 利用者による当社の免責。利用者は、適用される法律が認める最大限の範囲において、過去、現在、将来のあらゆる種類および性質の紛争、申し立て、論争、要求、権利、義務、法的債務、訴訟、および訴因(人身傷害、精神的苦痛、個人情報窃盗、死、財産的損失・損害、責任割合、補償、代位など)において、以下のいずれから直接間接を問わず生じたか生じる、またはそれらに直接間接を問わず関連付けられるものから当社(および当社の関連会社、委託先、従業員、代理人、サプライヤー、ライセンサー、承継人、譲受人)を恒久的に免責するとともに、それらを放棄・断念するものとします。
    • Grindrサービスへのアクセス、使用、または悪用(位置情報の使用または悪用を含む)。
    • ユーザーコンテンツ。
    • Grindrサービス上またはGrindrサービス外での他の利用者との交流(他の個人または団体の権利に対するご自身による違反を含む)。
    • 本規約、またはGrindrサービスを管理するその他のポリシー(ガイドラインを含む)への違反。
    • Grindrサービスに含まれる、またはGrindrサービスを通じてアクセスできる第三者のサイト、製品、サービス、リンク。

    利用者がカリフォルニア州の居住者である場合、当該利用者は、カリフォルニア州民法典第1542(「一般的な免責は、債権者が免責を執行する時点で自己にとって有利な請求が存在していたことを知らなかったかその存在を疑わなかった場合に限定される。仮に債権者がこのことを知っていれば債務者との間の和解に重大な影響を及ぼしたはずの請求には適用されない」)を放棄するものとします。

  22. 当社の紛争の解決、仲裁合意。本条に記載される以下の仲裁条項を注意深くお読みください。以下の第12項および第13項に記載されている方法でオプトアウトしない限り、この仲裁条項では、Grindrとの紛争を仲裁する必要があり、当社による救済方法を制限します。
    1. 利用者によるGrindrサービスの利用またはアクセス、本規約の有効性、解釈、違反、施行、または終了、もしくは多少なりともGrindrに関係するものに関連して当社との間で生じたか、生じる可能性がある紛争(以下、総称して「対象となる紛争」または「紛争」)も、本第22条で明記された規定に従って解決されるものとします。
    2. 非公式な解決。利用者とGrindrは、紛争を解決するための誠実かつ非公式な努力が、迅速かつ低コストで、相互に有益な結果をもたらすことに同意するものとします。したがって、利用者とGrindrは、いずれかの当事者が相手方に対して仲裁を開始する(または当事者が選択した場合は少額裁判所で訴訟を開始する)前に、この仲裁規定の対象となる紛争を非公式に解決するための誠実な努力(以下、「非公式な紛争解決会議」または「会議」)として、電話またはビデオ会議を通じて個人的に協議することに同意するものとします。利用者が弁護士によって代理されている場合、利用者の弁護士は会議に参加することができますが、利用者も会議に参加することになります。紛争を開始した当事者は、相手方当事者に対し、会議を開始する意図を書面で通知しなければならず(「通知」)、相手方当事者がかかる通知を受領してから45日以内に行われるものとしますが、当事者により延長が相互に合意された場合は、この限りではありません。利用者が会議を開始するつもりであることをGrindrに通知するには、電子メールで[email protected]宛てに送信してください。通知は、以下を含む必要があります。(1) 利用者のユーザーアカウントに関連する利用者の氏名、電話番号、住所、および電子メールアドレス(利用者がユーザーアカウントをお持ちの場合)、(2) 利用者の弁護士の氏名、電話番号、住所、および電子メールアドレス(もしあれば)、および (3) 利用者の紛争に関する説明。本会議は、同一法律事務所または法律事務所グループが類似のケースで複数の利用者を代理する場合でも、当事者全員が同意しない限り、いずれかの当事者が紛争を開始するたびに個別の会議を開催しなければならず、紛争を開始した複数の個人は、当事者全員が同意しない限り、同一の会議に参加できないものとします。当事者が通知を受け取ってから会議に至るまでの間、本仲裁規定は、当事者が、開始当事者の紛争を解決するために非公式なコミュニケーションに従事することを禁止するものではありません。会議への参加は、仲裁を開始する前に満たされなければならない先行条件であり、要件です。時効および申請料金の期限は、当事者が本条に定める会議手続きに関与する間、停止するものとします。
    3. 適用法。利用者と当社は、抵触法の原則にかかわらず、特記条項で明確に規定されている場合を除き、連邦仲裁法(Federal Arbitration Act, 9 U.S.C. § 1 et seq. 。以下「FAA」)を含む米国連邦法と米国カリフォルニア州法(連邦法に抵触しない、または連邦法が優位的に適用されない範囲で適用)がすべての「対象となる紛争」における準拠法となることに同意するものとします。
    4. 当社の仲裁。利用者と当社は、本規約とその各条項が州際通商に関わる取引を証明すること、並びにFAAがあらゆる訴訟に適用されるとともに仲裁規約と仲裁手続きの解釈と施行の準拠法となることに同意するものとします。対象となる紛争案件は、米国仲裁協会(「AAA」)が管理する拘束力のある仲裁において、その消費者仲裁規則(必要に応じて机上、電話、またはビデオ会議の手続きを利用することを含み、旅費を軽減するために許可されている場合を含む)において個別に主張されなければなりませんhttps://www.adr.org/sites/default/files/Consumer%20Rules.pdf
      仲裁の開始を希望する当事者は、相手方に仲裁リクエスト(以下「リクエスト」)を提出する必要があります。リクエストには、以下の各項目を含める必要があります:(1) 仲裁を求める当事者の名前、電話番号、郵送先住所、電子メールアドレス、アカウントのユーザー名(該当する場合)、および該当するユーザーアカウントに関連付けられている電子メールアドレス、(2) 申し立てが行われる法的請求の陳述およびそれらの請求の事実上の根拠、(3) 請求される救済策の説明、および論争にかかる費用を誠実に算出した正確な金額中の金額の正確で誠実、(4) 上記の情報紛争解決プロセスの完了を証明する声明、(5) リクエストを提出した側が、そのような仲裁に関連して必要な提出手数料を支払ったという証拠。リクエストを提出する側が弁護士によって代表される場合、リクエストには、弁護士の名前、電話番号、郵送先住所、および電子メールアドレスも含まれなければなりません。また、かかる弁護士は、リクエストに署名する必要があります。リクエストに署名することにより弁護士は、現状での合理的な審議により形成された知識、情報、および信念に基づき、次のことを最大限に証明するものとします:(1) リクエストは、嫌がらせ、不必要な遅延を引き起こす、または紛争解決のコストを不必要に増加させるなど、不適切な目的のために提出されたものではないこと、(2) 請求、弁護、その他の法律論争が、現行法またはその拡張、修正もしくは破棄により、あるいは新法の制定にかかる誠実な議論によって正当化されること、(3) 事実および損害に対する主張に裏付けとなる証拠があるか、または、証拠が具体的に特定された場合、さらなる調査や新事実の発見があった後、裏付けとなる証拠となる可能性が高いこと。仲裁人は、退職した裁判官またはカリフォルニア州で弁護士資格を持つ弁護士のいずれかであり、AAAの消費者紛争仲裁人の名簿から当事者によって選任されます。リクエストが提出されてから35日以内に両当事者が仲裁人に合意できない場合、AAAは、本第9項に基づく一括仲裁プロセスが開始され、AAAが各バッチの仲裁人を任命することを条件として、AAAがAAA規則に従って仲裁人を任命します。

      利用者とGrindrの間で別段の合意がない限り、または下記の第9項に記載される一括仲裁プロセスが開始されない限り、仲裁は利用者が居住する市区郡町村で行われるものとします。利用者と当社は、仲裁人(連邦、国際、州、または地方の裁判所または機関ではない)が、本規約の全部または一部が無効か、無効可能であるか、または特定の主張が仲裁の対象となるという申し立てを含む、本規約の解釈、適用性、執行可能性または形成に関連する紛争を解決する独占的権限を有することに同意するものとします。ただし、(1) 本条第14項に起因または関連するすべての紛争(同一項の全部または一部が執行不能、違法、無効または無効可能である、または同項に違反したという申し立てを含む)は、仲裁人ではなく管轄権を有する裁判所によって決定されるものとします。(2) 第9項で明示的に意図されている場合を除き、仲裁手数料の支払いに関するすべての紛争は、仲裁人ではなく管轄権を有する裁判所によってのみ決定されるものします。(3) いずれかの当事者が仲裁の上述の条件を満たしているかどうかに関するすべての紛争は、仲裁人ではなく管轄権を有する裁判所によってのみ決定されるものします。(4) 仲裁条項のどのバージョンが適用されるかに関するすべての紛争は、仲裁人ではなく管轄権を有する裁判所によってのみ決定されるものします。
    5. 利用者または当社に対する仲裁人の裁定。利用者と当社は、請求される救済額が5,000ドル以上の問題では、仲裁人は決定および裁定額の根拠となった主要な所見および結論に関する説明を決定文書に含めることに同意するものとします。仲裁人は、衡平法で認識される指針を含めて、適用可能な法令に従ってあらゆる申し立ての内容を判断するとともに、法律で認められる特権のあらゆる申し立てを引き受けることになります。仲裁人は別の利用者が当事者となった以前の仲裁における裁定に制約されることはありませんが、適用される法律で要求される範囲内で、同一のGrindr利用者が当事者となった以前の仲裁における裁定には拘束されます。利用者と当社は、仲裁人による裁定は最終的かつ拘束力があり、その裁定はその管轄権を有する法廷で伝えられることに同意するものとします。
    6. 差し止め命令による救済と宣言的救済。本仲裁規定に従い、仲裁人は、救済を求める当事者の利益になるよう、かつ、同当事者の主張が正当な理由となる救済の提供に必要な範囲においてのみ、宣言的救済または差し止め命令による救済を裁定するものとします。本条のいかなる内容も、「一括仲裁」と題する第9項の規定に影響を与えることを意図するものではなく、また影響を与えるものでもありません。本仲裁規約に反するいかなる内容にもかかわらず、裁判所が、(さらなる控訴または救済の対象となることのない)最終決定により、特定の請求または救済要求(例:公的な差止命令による救済要求)に関して本項「集団救済およびその他の非個人的救済の放棄」の制限が無効または執行不能と決定した場合、利用者とGrindrは、その特定の請求または救済要求のみを仲裁から切り離し、カリフォルニア州の州裁判所または連邦裁判所で訴訟できることに同意するものとします。その他の紛争は、仲裁または少額訴訟で争われるものとします。本項は、利用者またはGrindrによる集団仲裁での和解への参加を妨げるものではありません。
    7. 紛争の仲裁に関する当社の同意についての例外。本規定には、仲裁に関して例外が以下の2つのみ存在します。
      1. 第1に、いずれかの当事者が、他方当事者がその知的財産権を何らかの形で侵害した、または侵害する恐れがあると合理的に信じる場合、権利が侵害された当事者は、管轄権を有する裁判所に差止命令またはその他の適切な暫定的救済を求めることができます。
      2. 第2に、各当事者は、少額裁判所の管轄権の範囲内で、少額裁判所に紛争または請求に対する救済を求める権利を留保します。
    8. 仲裁の費用。利用者と当社は、仲裁に関する本条項で別途記載されない限り、申請、事務手続き、および仲裁人にかかる料金の支払いがAAA の規定に準拠することに同意するものとします。仲裁において申し立てられる紛争の内容または救済には法的根拠がない、または不適切な目的のために提起された(連邦民事訴訟規則11(b)に定める基準によって判断)と仲裁人が判断した場合を除き、両当事者は、仲裁において各自の弁護士費用およびその他の費用を負担するものとします。
    9. 一括仲裁。30日以内に(またはその後できるだけ早い段階で)、同じ法律事務所、法律事務所のグループ、または組織によって、または同じ法律事務所のグループ、または組織の支援を得て、Grindrに対して実質的に同様の性質の100件以上の個別の仲裁要求があった場合、AAAは、(1) 仲裁要求をバッチごとに100件をまとめて一括で管理するものとし(100件をまとめたバッチの残りが100に満たない場合は残りの要求件数をまとめて最終バッチとします)、 (2) バッチごとに1名の仲裁人を任命し、(3) バッチごとに申請および管理手数料が支払われる、単一の手続き日程、仲裁人が決定する場所での単一の聴聞会(存在する場合)のある単一の統合仲裁として、救済方法として単一の最終裁定を下します(以下「一括仲裁」)。

      すべての当事者は、要求が同じ出来事または事実のシナリオから生じた、またはそれらに関連し、同じまたは同様の法的問題を提起し、同じまたは同様の救済を求める場合、要求は「実質的に類似した性質」であることに同意します。当事者が一括仲裁プロセスの適用に同意しない場合、同意しない当事者はAAAに助言し、AAAは、一括仲裁プロセスの適用可能性を決定する唯一の常任仲裁人(以下「管理仲裁人」)を任命するものとします。管理仲裁人によるかかる紛争の解決を促進するため、両当事者は、管理仲裁人が紛争を迅速に解決するために必要な手続きを定めることができることに同意します。管理仲裁人の料金はGrindrが支払うものとします。

      利用者とGrindrは、AAAと誠意を持って協力して、仲裁要求バッチに対する単一の申請手数料および管理手数料の支払いを含む一括仲裁プロセス、並びに仲裁にかかる時間と費用を最小限に抑えるためのあらゆるステップを行うことに同意します。これには、(1) 証拠開示紛争の解決において仲裁人を支援する証拠開示専門委員の任命や、(2) 仲裁手続きのできるだけ早い時点での日程採択が含まれます。

      本一括仲裁条項は、本項に明示的に規定されている場合を除き、いかなる状況においても、集団仲裁やあらゆる種類の訴訟、または共同請求または統合請求を伴う仲裁を承認するものと解釈されないものとします。

    10. 仲裁合意に関する今後の修正。本規約に相反する条項があるにもかかわらず、利用者と当社は、当社が将来仲裁に関して本規約を修正した場合、かかる修正は、修正の発効日より前にGrindrに対する法的手続きがなされた請求には適用されないことに同意します。しかしその修正は、利用者とGrindrとの間で既に生じたか、今後生じる可能性がある、仲裁の合意が準拠する他のあらゆる紛争や申し立てには適用されます。利用者がそれらの修正条件に同意しない場合、利用者はウェブサイトへの投稿または通知から30日以内にご利用のアカウントを閉鎖できます。その場合、利用者が修正された条件に拘束されることはありません。本仲裁合意の変更は、利用者が以前のバージョンの規約に合意しており、かつ、仲裁を有効にオプトアウトしていなかった場合、利用者に仲裁合意をオプトアウトする新しい機会を与えるものではありません。
    11. 仲裁の開催地。本規約に従って行われる仲裁は、ロサンゼルス郡または両当事者が相互に合意するその他の場所(ビデオ会議経由を含む)で行われるものとします。
    12. 法的紛争のための司法委員会。利用者と当社が別途同意しない限り、また第22条第2項(少額請求裁判所)に定める場合を除き、前述の仲裁合意が利用者、または特別な申し立てや紛争に適用されないことが明白となった場合(仲裁合意からのオプトアウトという利用者の判断、仲裁人や法廷の命令による判断、利用者がその仲裁合意が適用されない海外利用者であるなど)、法によって別途規定されている場合を除き、利用者は、Grindrとの間で既に生じたかまたは今後生じる可能性があるあらゆる申し立てや紛争を、国内裁判所、カリフォルニア州ロサンゼルス郡の連邦裁判所によって独自に解決する必要があることに同意するものとします。利用者とGrindrは、かかるすべての請求または紛争の訴訟では、カリフォルニア州ロサンゼルス郡内に所在する裁判所の専属的対人管轄権に従うことに同意します。
    13. 仲裁の可分性条項。この仲裁条項のいずれかの部分が法律に基づいて無効または執行不能であると判明した場合、かかる特定の部分は効力を持たず、切り離され、仲裁合意の残りの部分は引き続き完全に効力を持ちます。
    14. 利用者は仲裁をオプトアウトが可能。利用者がGrindrの新規利用者である場合、[email protected]へのオプトアウト通知(以下「オプトアウト通知」)をメール送信することにより、仲裁合意条項を拒否することができます。オプトアウト通知は、利用者が初めて本規約に同意してから31日間以内に当社が受領する必要があります。利用者がGrindrの新規利用者でない場合、新たな条件をウェブサイトに投稿してから31日間以内に仲裁オプトアウト通知を送信しなければなりません。
    15. 仲裁オプトアウト手続きオプトアウトするには、本規約に初めて同意してから31日以内に、利用者の本名、郵送先住所(住所、市区郡町村、州、郵便番号を含む)、オプトアウトが適用される利用者のアカウントに関連付けられた電子メールアドレス、および有効な運転免許証の未加工のデジタル画像を[email protected]にメール送信する必要があります。この手続きは、仲裁合意からオプトアウトできる唯一の方法となります。仲裁合意からオプトアウトする場合でも、本規約の他の条項および紛争に関する条項(第20条「利用者は、Grindrとの取引で得られるメリットを認識するものとします」と、第15条「広告」、第16条「エンドユーザーライセンス」、第17条「当社の免責。利用者への保証なし」、第 18条「利用者による当社の補償。利用者はGrindrを免責するものとします」、および第19条「当社の法的債務および利用者の損害の制限」を含む)は、引き続き利用者に適用されます。仲裁合意からのオプトアウトは、利用者が当社と保持する、以前の、他の、または将来の仲裁合意に対して影響を及ぼすことはありません。
    16. 特定の権利の放棄。 本規約に同意することにより、利用者およびGrindrは、裁判所で訴訟を起こし、裁判官または陪審員の前で裁判を受ける憲法上および法定の権利(上記に規定する少額裁判所を除く)を取消不能の形で放棄します。また、利用者は、本条第9項に規定されている場合を除き、本規約に基づいて仲裁が要求されていない場合でも、当社や関連する第三者に対して提起された訴訟、仲裁、またはその他の法的手続きにおいて、代表者として、市民側代理人として、またはその他の代表者として、または集団訴訟の原告の一人として参加できないことに同意するものとします。利用者とGrindrは、上記第9項に規定されている場合を除き、すべての紛争が本仲裁条項に基づく仲裁によって解決されることを選択するものとします。仲裁には裁判官または陪審員はおらず、裁判所による仲裁裁定の再審は限定されます。本項は、利用者またはGrindrによる集団仲裁での和解への参加を妨げるものではありません。
    17. 利用者の出訴期限。また、利用者とGrindrは、本仲裁合意に定める紛争は、その申し立てまたは論争に適用される出訴期限内に仲裁によって開始されなければならず、さもなければ永遠に時効となることに同意するものとします。同様に、利用者は、適用されるすべての出訴期限が、管轄権を有する裁判所に適用されるのと同様に、かかる仲裁に適用されることに同意するものとします。
  23. 通知と削除に関するポリシー
    1. Grindrは知的財産権を尊重しており、同社の利用者にも同じことを期待します。Grindrは、独自に「度重なる侵害者」と判断する利用者のアカウントを、通知なしで速やかに終了することができるものとします度重なる侵害者とは、知的財産権の侵害による規約違反を3回以上Grindrから通知された利用者、またはGrindrサービスから2回以上ユーザーコンテンツを削除された利用者を指します。(当社は第8条に基づき、侵害行為が1回であった場合でもアカウントを終了する権利を留保しています)
    2. もし利用者がその著作権の所有者か代理人であり、いかなるGrindrサービスで発信される何らかのコンテンツが利用者の著作権を侵害していると考える場合も、利用者は、Grindrの指定する著作権代理人に以下の情報を書面で提供することにより、通知を提出できます:
      1. 侵害が申し立てられる独占的権利の所有者の代わりに行動することが認められた個人の物理的または電子的署名。
      2. 侵害が申し立てられた著作物の特定、または該当するGrindrサービス上の複数の著作物が単一の通知によってカバーされている場合は、該当するGrindrサービス上のそのような作品の代表的なリスト。
      3. 侵害しているか侵害活動の主題であると申し立てられるとともに削除されるべきとされている素材、または無効化されるべきアクセスの識別情報、および、Grindrで素材を見つけ出すのに合理的に十分な情報。
      4. 苦情を伝える当事者の住所、電話番号、および、もし適用可能な場合は、メールアドレスなど、Grindrで苦情を伝える当事者への連絡を行うのに合理的に十分な情報。
      5. 苦情の対象となる方法でのかかる素材の利用は、著作権所有者、その代理人、または法令によって認可されていないとする誠実な信念を、苦情を伝える当事者が保持するという声明(例:「私は、ここに特定される著作物の利用が、著作権保有者、その代理人、または法令によって認可されていないということを、誠実に信じています。」)、および
      6. 通知における情報が正確であるとともに、偽りの場合には偽証罪に問われることを承知の上で、苦情を伝える当事者が、損害が申し立てられる独占的権利の所有者の代わりに行動することが認可されている、とする声明(例:「私は、偽りの場合には偽証罪に問われることを承知の上で、本通知における情報が正確であるとともに、私が前述のコンテンツによって侵害されたとされる著作権の所有者であるか、その著作権所有者の代わりに行動することを認可されていることを誓います。」)。
    3. 申し立てられた侵害の通知を受け取るべき、Grindrの指定する著作権代理人は、以下のものとなります。

      Grindr LLC
      Attention: Copyright Agent
      電子メールアドレス: [email protected]

      明確さを期すため、本条に基づく通知のみ、Grindrの指定する著作権代理社に提出してください。利用者は、ご自身が本第23条のすべての要件に従わない場合、ご自身のDMCA通知は有効とならないことを認識するものとします。米国著作権法の第512条 (f) に基づき、素材や活動が侵害行為となっていることを知りながら、著しく事実を曲げて述べる個人はすべて、法的責任を問われる場合があることにご注意ください。

  24. Apple App Storeに関する追加的諸条件。利用者がApple App Storeから取得したGrindrソフトウェアを利用している場合、以下の追加的諸条件が利用者に適用されるものとなります。Apple App Storeから取得したGrindrソフトウェアに関連する場合のみを除いては、本規約の他の諸条件が、本第24条の諸条件より制限的でないか、それと衝突する範囲において、本第24条のより制限的または衝突する諸条件が適用されることになります。
    1. 謝辞Grindrと利用者は、本規約が、Appleとではなく、Grindrと利用者との間でのみ締結されるものとなり、Grindrソフトウェアとそのコンテンツに対する責任をすべて負っていることを認識するものとします。本規約が、Apple App Storeのサービス条件でGrindrソフトウェアのために明記される利用のルールより制限的ではないGrindrソフトウェアのための利用のルールを規定するか、同サービス条件と衝突する範囲においては、より制限的または衝突するAppleの条件が適用されます。
    2. ライセンスの範囲。利用者に与えられたGrindrソフトウェアのライセンスは、利用者が保有または管理するとともに、Apple App Storeのサービス条件で明記された利用のルールで許可されたような、GrindrソフトウェアとiOS製品を利用するための、譲渡不可能なライセンスです。
    3. メンテナンスとサポート。Grindr は、本規約で明記されるか、適用可能な法令に基づいて要求されるような、Grindrソフトウェアに関連したいかなる保守およびサポートサービスの提供に対しても、すべての責任を負うものとなります。Grindrと利用者は、Grindrソフトウェアに関連したいかなる保守およびサポートサービスを提供するいかなる義務もAppleが一切負わないことを認識するものとします。
    4. 保証。Grindrは、事実上免責されない範囲において、法が明示的か黙示的かを問わず、すべての製品保証に対するすべての責任を負うものとなります。Grindrソフトウェアが適用される保証に準拠していない場合、利用者はAppleに通知することができ、AppleはGrindrソフトウェアの購入価格を利用者に返金します。適用法で認められる最大限の範囲において、AppleはGrindrソフトウェアに関していかなる保証義務も負わず、保証に従わなかったことに起因するその他の請求、損失、責任、損害、費用または経費は、Grindrの単独の責任となります。
    5. 製品クレーム。 Grindrおよび利用者は、AppleではなくGrindr が、以下を含む、Grindrソフトウェアや、利用者によるGrindrソフトウェアの保有や使用に関連した、利用者または第三者からの申し立てに対する、すべての責任を負うことを認識するものとします。本規約は、適用法で許可されている範囲を超えて、Grindrの利用者に対する責任を制限するものではありません。
    6. 知的財産権。Grindrおよび利用者は、Grindrソフトウェアまたは利用者によるGrindrソフトウェアの所有および使用が第三者の知的財産権を侵害しているという第三者からの請求があった場合、AppleではなくGrindrが、かかる知的財産権侵害請求の調査、防御、和解および免責について単独で責任を負うことを認めます。
    7. 開発者の名称および所在地。Grindrソフトウェアに関するエンドユーザーの質問、苦情、または請求をGrindrに送る場合の連絡先情報は、以下の第26条第7項に規定されています。
    8. 第三者に関する合意条件。利用者は、Grindrソフトウェアを使用するに当たり、適用される第三者に関する合意条件に準拠しなければなりません。
    9. 第三者受益者。AppleおよびAppleの子会社は本規約の第三受益者であり、利用者による本規約への同意に基づき、Appleは、第三受益者として、利用者に本規約を強制させる権利を留保する(および、その権利を利用者とGrindrが認めたとみなされる)ことを、Grindrと利用者は認識し、これに同意するものとします。
  25. 利用者の解約権に関する、州での特別条件。以下の規定は、アリゾナ州、カリフォルニア州、コネチカット州、イリノイ州、アイオワ州、ミネソタ州、ニュージャージー州、ニューヨーク州、ノースカロライナ州、オハイオ州、ロードアイランド州、ウィスコンシン州、または解約権の通知を必要とする法令が施行されているその他の州に居住する有料サブスクリプション利用者を対象として、本規約に追加されるものとします:購入者である利用者は、日曜日と祝日を除く、本規約に同意後、元の規約における販売者の第三営業日の深夜0時までであれば、いつでも、一切の罰則や義務を負うことなく本規約への同意を解約できます。本規約への同意を解約するには、購入者である利用者が本規約への同意を解約する旨(または同様の効果のある文言)を記載の上、署名し、日付を記入した通知を郵送またはメール送信します。Grindrアカウントの作成時に使用した電子メールアドレスまたは電話番号を記入の上、通知を以下の住所まで郵送してください。

    Grindr LLC
    P.O.Box 69176
    West Hollywood, CA 90069

    Apple App StoreまたはGoogle Play Storeでサブスクリプションを課金契約した場合は、そのストアでご自身のアカウントにアクセスし、指示に従ってサブスクリプションの変更または解約を行う必要もあります。

    有料サブスクリプション期間の終了前に利用者が死去した場合、ご自身の遺産財団は、有料サブスクリプション対して支払った期間におけるご自身の死後の期間に対して、返金を受ける権利があります。有料サブスクリプション期間の終了前に利用者が身体障害を被る場合(例えば、利用者が有料サブスクリプションを利用できず、その状況が医者による書面で証明されるという場合)、利用者は、有料サブスクリプションに対して支払った期間におけるご自身が身体障害を被った後の期間に対しても、上記と同じ住所にGrindr宛ての通知を郵送することにより、返金を受ける権利があります。

  26. その他の規定
    1. 分離可能性、規約条項の放棄。利用者と当社は、本規約のいずれかの条項が違法、無効、または何らかの理由で執行不能とみなされた場合、かかる条項は本規約から分離可能とみなされ、残りの条項の有効性および執行可能性に影響を与えないことに同意します。本規約の条項は、当該条項の利益を受ける当事者によって署名付きの書面による文書がある場合のみ放棄することができます。いずれかの当事者が本規約のいずれかの条項の行使を要求しなかったとしても、後でその条項を行使する当該当事者の権利にいかなる形でも影響しないものとします。本規約のいずれかの条項の違反に対する権利の放棄は、本規約の同じ条項またはその他の条項への他の違反があった場合に、引き続き放棄すると解釈されないものとします。
    2. 規約の更新: 本規約の最新版は、利用者のGrindrサービスの使用について規定し、常に https://www.grindr.com/terms-of-service/で閲覧することができます。Grindrは本規約を随時改訂する場合があります.Grindrは、当社が本規約に加える変更が重要であると独自の判断で判断した場合、本アプリまたは電子メールにて、事前に利用者に通知します。
    3. 通知。Grindrは、本規約への変更に関する通知を含め、電子メールを送信するか、Grindrサービスへ投稿することにより、利用者に通知する場合があります。利用者は、このような電子通信の使用に同意するものとします。Grindrに通知をするには、第26条第7項に定める住所および電子メールアドレスから通知することができ、かかる通知は受領時に有効となります。
    4. 利用者による譲渡は認められていませんが、Grindrによる譲渡は認められています。本規約、および本規約に基づいて付与される権利およびライセンスは、利用者が移転または譲渡することはできません。一方、Grindrはいつでも、理由の如何を問わず、いかなる制約もなく本規約に規定された義務を第三者に移転または譲渡することができます。利用者は、他の会社が当社の会社、事業、または資産を買収した場合、その取引には利用者のユーザーコンテンツも販売・譲渡対象として含まれる場合があることをここに認め、同意し、さらなる行動または確認なしにそのような譲渡に同意するものとします。
    5. 条項の存続。以下の条項は、本の終規約了後、または利用者によるGrindrサービスの使用またはサブスクリプションの終了後も存続します:第1条~第4条、第5条第3項、第5条第4項、第6条~第8条、第10条第6項、第10条第7項、第11条、第13条~第15条、第16条(第16条第2項を除く)、第17条~第24条、および第26条。
    6. 第三者受益者なし。Grindrの過去、現在、および将来の関連会社(すなわち、Grindrを管理する会社、Grindrにより管理される会社、またはGrindrとの共同管理下にある会社)が、第21条を含め、本規約に基づきGrindrに与えられるすべての権利、保護、利益の第三者受益者です。それ以外に、本規約における第三者受益者は存在しません。
    7. 条目、完全合意。本規約の条目は便宜上記載されているものであり、本規約の内容を形成するものではなく、本規約のいずれかの条項に制限または影響を与えるとはみなされないものとします。「含む」とは「制限なく含む」を意味するものとします。本規約は本規約内で規定した内容についての、当事者間の完全な合意であり、書面による双方の合意なしに修正されないものとします。
    8. 当社の開示事項および利用者のお問い合わせ先。本規約に基づくサービスは、Grindr LLC(PO Box 69176, West Hollywood, CA 90069)によって提供されます。ご質問や苦情がある場合は、上記の住所、または[email protected]までご連絡ください。カリフォルニア州の居住者は、カリフォルニア州消費者局の消費者サービス部門の苦情支援ユニットに、郵便(1625 North Market Blvd., Sacramento, CA 95834)または電話((916) 445-1254またはフリーダイヤル(800) 952-5210)で連絡することができます。

海外利用者向けの特別条項

  1. 英国。居住地が英国の利用者に関しては、適用法に基づき、本規約との間で矛盾がある場合には、以下の条項が適用されるものとします。
    1. 14日以内の解約期間内での解約。利用者は理由の如何を問わず14日以内であればGrindrプレミアムサービスを解約することができます。解約期間は利用者がGrindrプレミアムサービスを購入してから14日です。利用者がトライアル期間を利用した場合には、トライアルを開始した日から14日で解約期間は終了します。14日間の解約期間中に利用者のGrindrプレミアムサービスを解約する権利を行使するには、利用者は解約の意思を明確にして[email protected]に通知する必要があります。消費者の権利に関する指令の附属書I(B)に記載されている解約フォームの雛形を使用することもできます。当社は、利用者から解約通知を受領した場合、速やかに解約通知を受領した旨を連絡します。解約を希望する旨を記載して解約期間内に送信された解約通知は有効とみなされます。解約に費用は発生しませんが、本規約に規定されている事項以外の返金もありません。前払費用のうち、プレミアムサービスの未使用期間分については返金の対象とします。利用者は、解約を当社に通知するまで、利用者がプレミアムサービスを使用していた期間(トライアル期間を除く)について、サービス料金を支払う必要があります。従って、その期間については、料金を返金しません。当社は、利用者からのプレミアムサービス解約通知を受領してから14日以内に速やかに返金手続きを行います。利用者が明示的に別途合意しない限り、返金方法は当初の支払方法と同じ方法で行うものとします。
    2. 責任制限の例外。本規約のいかなる規定も、Grindr(またはその関係会社、委託先、再委託先、役員、職員、従業員、代理人、第三者サプライヤー若しくはライセンサー)の怠慢、詐欺若しくは悪意による不実表示に起因する死亡事故若しくは傷害事故に対する当社の責任、若しくは準拠法によって排除若しくは制限できないその他の責任を排除または制限するものではありません。
    3. 仲裁が利用者に適用されない場合。利用者が英国の居住者であり、裁判外紛争解決指令(2013/11/EU)およびオンライン紛争解決規則(EU 524/2013)((およびEUの各加盟国における実施規則)の対象となる場合、第22条の仲裁合意はご自身には適用されませんが、第22条第8項(法的紛争のための司法委員会)の規定が適用されます。ただし、法律で別途要求される場合を除きます。第21条第8項の規定をよくお読みください。欧州委員会のオンライン紛争解決プラットフォームは、こちらのODRプラットフォームリンクで入手できます。
    4. 消費者法の利益を損なわない。消費者として、居住する国の法規の定める利益は保持されます。第21条の規定は例外なく居住地の法規により規定された消費者の権利を阻害するものではありません。
    5. 居住地法規。居住地の法規による本規約に関する紛争についての利用者の権利は第21条の規定によらず保護され、居住地の法廷にて解決を図ることができることとします。第21条の対象外となるすべての紛争は、米国カルフォルニア州ロサンジェルスの裁判所で聴聞会が行われるものとします。本規約は、利用者が同意した本規約の規定によらず、利用者に与えられたこれらの権利を制限するものではありません。ただし、本規約に利用者が同意することにより、Grindrは第21条に規定された以外の裁判所の管轄権に同意せず、他の裁判所の管轄権の対象ではないことに異議を唱える権利を留保します。
  2. 欧州連合。居住地が欧州連合(EU)の利用者に関しては、適用法に基づき、本規約との間で矛盾がある場合には、以下の条項が適用されるものとします。
    1. 14日以内の解約期間内での解約。利用者は理由の如何を問わず14日以内であればGrindrプレミアムサービスを解約することができます。解約期間は利用者がGrindrプレミアムサービスを購入してから14日です。利用者がトライアル期間を利用した場合には、トライアルを開始した日から14日で解約期間は終了します。14日間の解約期間中に利用者のGrindrプレミアムサービスを解約する権利を行使するには、利用者は解約の意思を明確にして[email protected] に通知する必要があります。消費者の権利に関する指令の附属書I(B)に記載されている解約フォームの雛形を使用することもできます。当社は、利用者から解約通知を受領した場合、速やかに解約通知を受領した旨を連絡します。解約を希望する旨を記載して解約期間内に送信された解約通知は有効とみなされます。解約に費用は発生しませんが、本規約に規定されている事項以外の返金もありません。前払費用のうち、プレミアムサービスの未使用期間分については返金の対象とします。利用者は、解約を当社に通知するまで、利用者がプレミアムサービスを使用していた期間(トライアル期間を除く)について、サービス料金を支払う必要があります。従って、その期間については、料金を返金しません。当社は、利用者からのプレミアムサービス解約通知を受領してから14日以内に速やかに返金手続きを行います。利用者が明示的に別途合意しない限り、返金方法は当初の支払方法と同じ方法で行うものとします。
    2. 責任制限の例外。本規約のいかなる規定も、Grindr(またはその関係会社、委託先、再委託先、役員、職員、従業員、代理人、第三者サプライヤー若しくはライセンサー)の責任を、適用法によって除外または制限できない範囲内で除外または制限するものではありません。
    3. 仲裁が利用者に適用されない場合。利用者が欧州連合の居住者であり、裁判外紛争解決指令(2013/11/EU)およびオンライン紛争解決規則(EU 524/2013)((およびEUの各加盟国における実施規則)の対象となる場合、第22条の仲裁合意はご自身には適用されませんが、第22条第8項(法的紛争のための司法委員会)の規定が適用されます。ただし、法律で別途要求される場合を除きます。第22条第8項の規定をよくお読みください。欧州委員会のオンライン紛争解決プラットフォームは、こちらのODRプラットフォームリンクで入手できます。
    4. 消費者法の利益を損なわない。消費者として、居住する国の法規の定める利益は保持されます。第22条の規定は例外なく居住地の法規により規定された消費者の権利を阻害するものではありません。
    5. 居住地法規。居住地の法規による本規約に関する紛争についての利用者の権利は第22条の規定によらず保護され、居住地の法廷にて解決を図ることができることとします。第22条の対象外となるすべての紛争は、米国カルフォルニア州ロサンジェルスの裁判所で聴聞会が行われるものとします。本規約は、利用者が同意した本規約の規定によらず、利用者に与えられたこれらの権利を制限するものではありません。ただし、本規約に利用者が同意することにより、Grindrは第22条に規定された以外の裁判所の管轄権に同意せず、他の裁判所の管轄権の対象ではないことに異議を唱える権利を留保します。
  3. スペイン。  上述のEU居住者向けの条項に加え、居住地がスペインの利用者に関しては、適用法に基づき、本規約との間で矛盾がある場合には、以下の条項が適用されるものとします。
    1. 言語。本規約のスペイン語版に準拠するものとします。
    2. 変更。 Grindrは、本サービスやガイドライン、本利用規約に変更を利用者に通知します。
    3. 更新。Grindrは(直接ウェブサイトから、またはApp Storeを通じて)プレミアムサービスのサブスクリプションやトライアルサブスクリプションの更新日を、利用者のクレジットカードまたはデビットカードに課金する前に事前に通知します。
    4. 著作者人格権。 利用者のユーザーコンテンツに対する著作者人格権は譲渡または放棄されることはありません。
  4. ポルトガル。上述のEU居住者向けの条項に加え、居住地がポルトガルの利用者に関しては、適用法に基づき、本規約との間で矛盾がある場合には、以下の条項が適用されるものとします。
    1. 言語。本規約のポルトガル語版に準拠するものとします。
    2. 変更。 Grindrは、本サービスやガイドライン、本利用規約に変更を利用者に通知します。
    3. 更新。Grindrは(直接ウェブサイトから、またはApp Storeを通じて)プレミアムサービスのサブスクリプションやトライアルサブスクリプションの更新日を、利用者のクレジットカードまたはデビットカードに課金する前に事前に通知します。
    4. 著作者人格権。 利用者のユーザーコンテンツに対する著作者人格権は譲渡または放棄されることはありません。
  5. ドイツ。居住地がドイツの利用者に関しては、適用法に基づき、本規約との間で矛盾がある場合には、以下の条項が適用されるものとします。
    1. データ削除への同意。利用者は、Grindrサービスの使用を通じて、他の利用者に送信されたご自身のデータ(例:チャットメッセージ)は、送信された時点で削除されることに同意しているものとします。
    2. 責任制限。本規約について相反し、不一致となる文言がある場合は、以下が適用されます。
      1. Wir sind ausschließlich wie folgt haftbar: Wir haften unbeschränkt gemäß den gesetzlichen Bestimmungen (i) für Schäden die aus der Verletzung von Leben, Körper oder Gesundheit entstehen; (ii) bei Vorsatz; (iii) bei grober Fahrlässigkeit; und (iv) gemäß dem Produkthaftungsgesetz. Ohne dass dies das Vorstehende einschränkt haften wir für leichte Fahrlässigkeit nur im Falle der Verletzung einer „wesentlichen“ Pflicht aus diesem Vertrag.„Wesentliche“ Pflichten in diesem Sinne sind Pflichten, die für die Erfüllung des Vertrags nötig sind, deren Verletzung die Erreichung des Vertragszwecks in Frage stellen würde, und auf deren Einhaltung Du daher regelmäßig vertrauen darfst.In diesen Fällen ist die Haftung beschränkt auf vertragstypische und vorhersehbare Schäden; in sonstigen Fällen besteht keine Haftung für leichte Fahrlässigkeit.
      2. Soweit die Haftung von Grindr nach den vorstehenden Vorschriften ausgeschlossen oder beschränkt ist, gilt dies auch für die Haftung von Grindr für seine gesetzlichen Vertreter, Mitarbeiter und Erfüllungsgehilfen.
      3. Diese Haftungsbegrenzungen bleibt über das Ende des Vertragsverhältnisses mit Dir und Grindr sowie über die Dauer Deiner Nutzung der Grindr Services hinaus wirksam.
    3. 料金の値上げ。第7条にかかわらず、当社は、ドイツの法律で許可されている通りに料金の値上げおよび本サービスへの変更のみを行います。
    4. 補償なし。第18条は利用者に適用されないものとします。
    5. アカウント終了。 Grindrは、利用者が本規約や法律に違反した場合にのみ、利用者のアカウントを終了することができます。Grindrはアカウント終了に際し、ドイツ法に準拠した返金を行うものとします。利用者が明示的に別途合意しない限り、返金方法は当初の支払方法と同じ方法で行うものとします。
    6. 著作者人格権。 利用者のユーザーコンテンツに対する著作者人格権は譲渡または放棄されることはありません。
  6. カナダ。居住地がカナダの利用者に関しては、適用法に基づき、本規約との間で矛盾がある場合には、以下の条項が適用されるものとします。
    1. 論争の解決。第22条(仲裁)や第22条第6項(集団訴訟権の放棄)は、かかる条項が利用者の居住地域の法律の下で執行不能である場合、当該利用者には適用されません。ただし、第22条第8項はあらゆる場合において適用されるものとします。
    2. 解約権。特定州の居住者は現地法によりプレミアムサービスの解約をする権利を有するものとします。Grindrはその権利を尊重するものとします。
  7. オーストラリア。 居住地がオーストラリアの利用者に関しては、適用法に基づき、本規約との間で矛盾がある場合には、以下の条項が適用されるものとします。
    1. 個人情報の国外への伝送。利用者は、米国および世界中のその他の法域での利用者のデータの転送および処理に同意するにあたり、他の法域(米国を含む)が1988年プライバシー法(Cth)と同等のプライバシー保護能力を備えていない可能性があることを認識しているものとします。オーストラリアのプライバシー原則8.1もプライバシー法第16C条も適用されないため、利用者はGrindrから救済が得られない可能性があります。
    2. リバースエンジニアリング。Grindrサービスの修正、逆アセンブル、逆コンパイルまたはリバースエンジニアリングに対する制限は、1968年著作権法(Cth)のパートIII Div 4A(「コンピュータプログラムの著作権侵害を構成しない行為」)に基づく利用者の権利を条件とします。
    3. 消費者保証。豪州消費者法のPart 3-2 Div 1に規定される条項に関する消費者保証違反に帰するGrindrの責任は、以下に限定されます。
      1. 商品が提供された場合、商品の交換または同等商品の提供(または交換または代替品の提供に係る費用の支払)または商品の修理(またはその費用の支払い)、
      2. サービスの提供の場合、サービスの再提供またはその費用の支払い。
  8. アルゼンチン。居住地がアルゼンチンの利用者に関しては、適用法に基づき、本規約との間で矛盾がある場合には、以下の条項が適用されるものとします。
    1. 10日間の解約期間内の解約。利用者は理由の如何を問わず10日以内であればGrindrプレミアムサービスを解約することができます。解約期間は利用者がGrindrプレミアムサービスを購入してから10日です。利用者がトライアル期間を利用した場合には、トライアルを開始した日から10日で解約期間は終了します。10日間の解約期間中に利用者のGrindrプレミアムサービスを解約する権利を行使するには、利用者は解約の意思を明確にして[email protected] に通知する必要があります。当社は、利用者から解約通知を受領した場合、速やかに解約通知を受領した旨を連絡します。解約を希望する旨を記載して解約期間内に送信された解約通知は有効とみなされます。解約に費用は発生しませんが、本規約に規定されている事項以外の返金もありません。前払費用のうち、プレミアムサービスの未使用期間分については返金の対象とします。利用者は、解約を当社に通知するまで、利用者がプレミアムサービスを使用していた期間(トライアル期間を除く)について、サービス料金を支払う必要があります。従って、その期間については、料金を返金しません。当社は速やかに返金手続きを行います。利用者が明示的に別途合意しない限り、返金方法は当初の支払方法と同じ方法で行うものとします。
    2. 通知および削除ポリシー。居住地がアルゼンチンの利用者に関しては、第23条で規定される通知および削除ポリシーは適用されないものとします。代わりに、Grindrサービスでホストされているコンテンツが利用者に損害を与え、明らかに違法とみなされる可能性があると利用者が信じる場合、利用者は、当該コンテンツを示し、利用者の身元を証明する文書を提供し、コンテンツによって引き起こされた損害を詳述した通知をGrindrに提出することができます。Grindrは利用者からの申し立てを分析し、コンテンツが明らかに違法である場合(例:児童ポルノ、犯罪を助長するデータ、犯罪や人種差別への言及)、当該コンテンツを削除します。その他の損害を引き起こしたが、明らかな違法であることが認められないものに関しては、当該コンテンツの削除についての裁判所通知が利用者により提供されない限り、Grindrはコンテンツの削除を行わないものとします。かかる目的のための通知はすべて、[email protected]に送信してください。
  9. ブラジル。居住地がブラジルの利用者に関しては、適用法に基づき、本規約との間で矛盾がある場合には、以下の条項が適用されるものとします。
    1. 後悔権。利用者はGrindrサービスを、理由の如何を問わず、7日以内に解約する権利を有するものとします。解約期間はGrindrサービスの購入から7日後に終了します。7日間の解約期間中に利用者のGrindrサービスを解約する権利を行使するには、解約の意思を明確にして[email protected]に通知する必要があります。当社は、利用者から解約通知を受領した場合、速やかに解約通知を受領した旨を連絡します。解約を希望する旨を記載して解約期間内に送信された解約通知は有効とみなされます。当社は利用者が支払った金額の一部または全部を返金するものとします。当社は、利用者からの解約通知を受領してからできるだけ早い段階で、速やかに返金手続きを行います。利用者が明示的に別途合意しない限り、返金方法は当初の支払方法と同じ方法で行うものとします。
    2. 仲裁は利用者には適用されません。本規約に起因する紛争は、関連する利用者がお住いの地域の管轄裁判所によって解決されます。
    3. 機密性の高いコンテンツやプライベートコンテンツの削除通知。ヌードまたは性的なプライベートコンテンツを含む利用者の画像、動画、写真、またはその他の素材が不正に開示された場合、Grindrは、利用者が侵害コンテンツを特定して具体的に当社に通知することを条件として、全力で、可能な限り早い段階で、言及されたコンテンツを削除するために、当社の技術サービスに適用される範囲で、必要なすべての措置を講じることを約束します。また、利用者が他の利用者の不正確、攻撃的、わいせつ、または不快なコンテンツにさらされた場合、当社が可能な範囲で、当該コンテンツを削除するために適切な措置を講じられるよう、利用者は当社に通知することができます。
    4. ブラジル法の適用利用者と当社は、特にプライバシーの権利、個人データの保護、および私的通信およびログの秘密性に関して、ブラジルの法律が本規約にも適用されることに同意しています。また、利用者と当社は、すべての適用されるブラジル法を遵守することに同意しています。
    5. アカウントの記録の保持。当社は、適用されるブラジルの法律に従い、利用者のサブスクリプション購入日から6か月間、管理された安全な環境で、アプリケーションログを機密扱いで保持します。当社は、裁判所の命令を遵守するために、アプリケーションログや利用者のアカウントにおけるその他の記録(私的通信を含む)を開示する権利を留保します。
    6. 料金の請求。当社がGrindrサービスの一部または全部を利用者に請求することを決定したときはいつでも、利用者のモバイル画面にメッセージが表示されます。これにより利用者は (i) 関連するサービスおよび対応する料金を承認するか(この場合、利用者にはクレジットカード情報の提供が求められます)、(ii) 関連するサービスを拒否し、Grindrサービスの無料部分の継続使用を選択することができます。
    7. 責任の制限。 本規約に基づいて確立された責任の制限に関する規定は、補償する義務がブラジルの公序良俗の規則であるため、原則として利用者に適用されない場合があります。利用者と当社は、ブラジルの法律が間接損害に対する補償を認めておらず、それによって直接的かつ直ちに引き起こされた実質的な損失および利益の損失のみを認めていることを認識しているものとします。
    8. 利用者の申し立てに対する時効。時効に関連する本規約の規定は、適用されるブラジルの法律が特定の請求に対して異なるまたは特定の時効を規定している場合、利用者に適用されない場合があります。この場合、利用者には、適用されるブラジルの法律に基づいて規定された特定の時効が適用されます。
    9. 本規約への変更。当社は、利用者の以前の承認にかかわらず、いつでも、理由の如何を問わず、本規約で規定されうる条項のいずれかを、当社の単独の裁量で変更する権利を留保します。修正がある場合には利用者に通知します。
  10. インド。居住地がインドの利用者に関しては、適用法に基づき、本規約との間で矛盾がある場合には、以下の条項が適用されるものとします。
    1. 特定のわいせつまたは不快なコンテンツの削除。インドの居住者、またはその居住者を代表する個人は、当該個人のフルヌードまたは部分ヌード、性的行為または行為を示すまたは描写するコンテンツ、あるいは何らかの形で当該個人を詐称するコンテンツを報告し、早急に削除するよう要求する権利を有しています。そのようなコンテンツは、Grindrの苦情処理責任者(Mr. Brace)に電子メール([email protected])で報告することができます。
    2. 政府の援助。インド政府または認可された機関の職員は、Grindrの苦情処理責任者(Mr. Brace)に電子メール([email protected])で連絡することにより、違法な情報の報告および削除の要求、またはサイバーセキュリティインシデントまたはその他の犯罪の報告および捜査でのGrindrの協力を要請することができます。
    3. 禁止されている行為および使用法。第9条第3項に定める禁止されている行為および使用法に加え、疑義を避けるために付言すると、利用者は、以下の情報をホスト、表示、アップロード、変更、公開、送信、保存、更新、または共有することはできません。
      1. 所有権が他人に帰属し、利用者が権利を有しない情報。中傷的、わいせつ、ポルノ、小児性愛的、身体的プライバシーを含む他人のプライバシーの侵害となるもの、ジェンダーに基づく侮辱または嫌がらせ、名誉毀損、人種または民族に不快感を催させる、マネーロンダリングまたはギャンブルに関連または助長するもの、またはその他の方法で適用法と矛盾または違反するもの。
      2. 児童に有害なもの。
      3. 特許権、商標権、著作権、その他の所有権を侵害するもの。
      4. 適用法に違反するもの。
      5. メッセージの発信元について受信者を欺いたり誤解させたり、事実上明らかに虚偽または誤解を招く可能性があるが事実として合理的に認識される可能性のある情報を故意に意図的に伝達したりすること。
      6. 他の人になりすますこと。
      7. インドの統一、完全性、防衛、安全保障または主権、外国との友好関係、または公序良俗を脅かす、または認識可能な犯罪の実行を扇動する、または犯罪の調査を妨げる、または他の国を侮辱すること。
      8. ソフトウェアウイルス、またはコンピュータリソースの機能を中断、破壊、または制限するように設計されたその他のコンピュータコード、ファイル、またはプログラムを含むもの。
      9. 明らかに虚偽で、真実ではないことを、金銭的利益のために個人、法人、または機関を誤解させたり、これらに嫌がらせをしたり、または誰かに傷害を負わせたりする目的で、書いたり、公開したりすること(形式は問わない)。
    4. 苦情処理メカニズムおよび苦情処理責任者。利用者またはその他の個人は、Grindrの苦情処理責任者(Mr. Brace)に電子メール( [email protected])で連絡することにより、本規約またはコミュニティガイドラインへの違反(禁止された行為または使用法を含む)、またはGrindrサービスに関連するその他の事項(本規約またはコミュニティガイドラインへの違反の疑いに対する回答を含む)に関する苦情を提出することができます。さらに、あなたまたは他の個人は、Grindrサービス内で直接、または[email protected]に電子メールでそのような苦情または苦情を提出することもできます。苦情を提出する際には、Grindrが当該苦情を解決するのに役立つ詳細を提供してください。Grindrは、苦情の受領を確認し、適用される法律で定められた期間内にそれを解決します。
    5. アカウントの終了。Grindrは、独自の裁量で、繰り返し侵害通知の対象となる利用者のアカウントまたはアプリへのアクセス権を終了する権利を留保します。
    6. 変更。Grindrは、ウェブサイトに掲載することにより、利用者に本規約への変更を通知します。利用者がGrindrに登録している場合、規約への変更について説明したメールを、アカウントに関連付けられているメールアドレスに送信します。

発行日:2022年7月6日、または利用者による同意のいずれか早い方。