行動ターゲティング広告

最終更新日:2022-07-06

ウェブサイトにおける行動ターゲティング広告。当社のウェブサイトでは、第三者の行動ターゲティング広告を許可している場合があります。これは、第三者が利用者の興味に合わせた広告や商品を提供できるように、技術(クッキーなど)を使い、利用者のウェブサイト利用方法について情報を収集することを意味します。第三者が使用する追跡技術に関する詳細は、 クッキーおよびその他の技術をご覧ください。広告は、当社のウェブサイトまたはGrindrが運営していない他のウェブサイトに表示される場合があります。利用者は、米国のDigital Advertising Alliance 、カナダのDigital Advertising Alliance of Canada、欧州のEuropean Digital Advertising Allianceで、一部の第三者の行動ターゲティング広告からオプトアウトすることができます。行動ターゲティング広告からオプトアウトしても、Grindrサービス使用時に広告が表示されなくなるわけではないことにご留意ください。ただし、参加しているネットワークからの、そのポリシーおよび選択メカニズムにより提供される興味広告からは除外されます。

一部のウェブブラウザでは、訪問するオンラインサービスに「追跡禁止」信号を自動送信する設定が可能な場合があります。ただし、このような場合において「追跡禁止」が何を意味するかについては合意がないことにご留意ください。他の多くのオンラインサービスと同様に、Grindrは現在、追跡メカニズムに関する自動ブラウザ信号を認識しておらず、これには「追跡禁止」指示も含まれます。「追跡禁止」についての詳細は、https://www.allaboutdnt.comでご確認ください。

Grindrアプリ内の行動ターゲティング広告。Grindrアカウントを作成する前に、同意設定画面が表示され、当社の広告・マーケティングパートナーによる利用者の個人情報の使用を管理することができます。また、Grindrアプリの設定メニューから、いつでも同意設定センターにアクセスできます。EEA/英国の利用者のために、GrindrはIAB Europe Transparency & Consent Framework(トランスペアレンシー&コンセントフレームワーク。以下「TCF」)に参加し、その仕様とポリシーに準拠しています。Grindrは、同意管理プラットフォーム(以下「CMP」)としてOneTrust(TCFの下、CMP ID#28で運営)を利用しています。デバイスごとのデータ管理を希望する利用者は、(i) iOSデバイスでは、「設定」>「プライバシー」>「Apple広告」の順にアクセスして行動ターゲティング広告からオプトアウトするか、Appleウェブサイトにアクセスして詳細を確認するか、(ii) Androidデバイスでは、「Google設定」>「広告」の順にアクセスして、「インタレストベース広告をオプトアウト」を有効にするか、(iii) European Digital Advertising Alliance (EDAA)にアクセスして、行動ターゲティング広告をアプトアウトすることができます。

第三者プラットフォームで表示される行動ターゲティング広告。 同意設定画面が表示され、利用者の個人情報を使って、Grindrが第三者プラットフォーム(Meta、Snapなど)でGrindrサービスの広告キャンペーンを実施できるかどうかを管理できます。CMPの詳細とデバイスレベルでの行動ターゲティング広告のオプトアウトについては、「Grindrアプリ内の行動ターゲティング広告」セクションを参照してください。